【詳細】他の写真はこちら

仕事に真面目な警察官・功太と、ピュアで真っ直ぐな女子高生・カコが織りなすキュートで愛らしい物語。

別冊フレンドで連載中の大人気作「PとJK」が待望の実写映画化。話題作を多数手掛けるヒットメーカー、廣木隆一監督がメガホンを取り、亀梨和也×土屋太鳳という豪華カップルが実現、最高にハッピーになれるピュアラブストーリーとなっている。

そして、3月25日の映画公開を記念して、原作と映画、ふたつの世界を存分に楽める、『「PとJK」映画化記念 最高にハッピーなラブストーリー展』がイオンモール幕張新都心にて3月22日〜4月9日まで開催。

そのオープニングイベントとして、3月22日に土屋太鳳、玉城ティナが登壇し、トークショーを行った。さらに、玉城が専属モデルを務めるViVi読者限定試写会にも登壇、撮影エピソードを語った。

【イベントレポート】

■『「PとJK」映画化記念 最高にハッピーなラブストーリー展』

晴れやかな天候にも恵まれ、会場には旬なキャストをひと目見ようと約500名の観客が集結。今か今かと待ちわびる観客の前に土屋太鳳と玉城ティナが登場すると、大きな歓声と拍手が沸き起こった。

土屋と玉城は観客の声援にとびきりの笑顔で応え、まず挨拶したのは、ヒロインの女子高生・カコを演じた土屋。「桜の開花宣言もありましたが、そんな日にぴったりの春らしいラブストーリーがやってきました! どうぞ楽しい時間をお過ごしください」とコメントすると、カコの大親友・ミカドを演じた玉城は「緊張していますが、あたたかく見守っていただけるとうれしいです。今日はよろしくお願いします」と挨拶した。

女子高生と警察官の年の差婚という斬新な設定が話題を呼んでいる本作だが、見どころについて問われると、土屋は「女子高生と警察官という設定には驚きがありますが、超絶ピュアでハッピーな映画になっています!」と自信満々に回答。ぶっきらぼうのように見えて、実はカコのことをいちばんに考えているミカドの役柄について玉城は、「功太とカコが出会うきっかけを作り、唯一その秘密を知っている存在。そしてカコのことが大好きな女の子です」と分析した。

次に、役を演じる上で難しかった点について話が及ぶと、土屋は「カコちゃんはお花に水を注ぐように愛情を持っている女の子なので、その愛情がどうやったら伝わるか考えました。本当の功太くんはどこ? というシーンはいちばんキュンとするところなのですが、母性が出たらいいなと思って演じました」と自身の胸キュンシーンをコメント。対する玉城は、「文化祭のシーンや友情の物語にぜひ注目してください!」と語った。

同世代のキャストが集まった現場はとても楽しかったとふたりで声を揃え、特に文化祭の衣装を作るシーンでは、自身の高校生時代を思い起こすこともあったそうだ。

さらに、カコとミカドのキャラクターを掘り下げたトークも。土屋は、カコを学校生活も結婚生活も全力で大切にする女の子と分析し、「自分との共通点は、友達を大切にするところ」と語った。

「ミカドはぶっきらぼうに見えてすごく優しい。最後のミカドが功太に質問するシーンは注目です」と熱く語る玉城に、土屋は「そのシーンのミカドの目が忘れられなくて、ミカド役がティナちゃんで本当に良かったと思いました!」と、お互いに女優として学ぶことも多かった様子だった。

ここで、カコとミカドの複製原画にふたりがサインし、会場に素敵な展示が追加された。

最後に、玉城は「皆さんと一緒に敬礼ポーズもできて楽しかったです。今日はありがとうございました」、土屋は「とても素敵なラブストーリーになっています。それだけでなく、深い人間ドラマも描かれているので、幅広い年齢の方に楽しんでいただければと思います。本日はありがとうございました」とコメント。

なお、『「PとJK」映画化記念 最高にハッピーなラブストーリー展』は、イオンモール幕張新都心にて3月22日から4月9日まで開催される。

■『ViVi読者限定試写会』

会場を移して行われたViVi読者限定試写会では、この日のために集まったティーンを前に、土屋と玉城がViViでの撮影を振り返るなど、ふたりの、女優とは別のあらたな一面が垣間見られる貴重なイベントとなった。

「ViViは憧れの雑誌です。素敵なモデルさんがいて、今日もお洒落な方が多いですよね」と緊張気味に挨拶する土屋。一方、本誌の専属モデルも務める玉城は「今日はモデルの自分と女優としての自分の両方を見せられるのがうれしい」とワクワクしているとコメントした。

今回が初共演となったふたりだが、お互いの印象について聞かれると、土屋は「名前の印象ってあると思うのですが、ティナちゃんはティナちゃんでした! 品があるのに今っぽいというか、良い雰囲気を持っていますよね」と語り、玉城は土屋の印象について「クールな感じかと思ったら、そんなことはなくて、いつも自然体な方です」とコメントした。

印象に残っている共演シーンについては、冒頭のカコがミカドの元へ走っていくシーンと、電車の中で女子高生らしい会話を繰り広げるシーンが印象深いとふたりで声を揃え、カコとミカドの距離感を大事に演じたそう。

先日発売された同誌のファッションページには仲良くふたりで登場し、「帰宅部感が可愛い!」などSNSでも話題に。スクリーンにはその際撮影された写真が映し出され、土屋は「モデルのティナちゃんを見るのは初めてだったのでドキドキしましたが、服を着た瞬間に女の子になるというか、ストーリー性があるなと思いました」と、しみじみと楽しかった撮影を振り返った。

ここで会場のファンとの質疑応答の時間が設けられ、リアル女子高生ならではの質問に、土屋と玉城が一つひとつていねいに答えた。

Aさん:「PとJK」はいろいろな愛が描かれていますが、家族愛の秘訣はありますか。

玉城:上京して家族と離れて暮らしていますが、毎日連絡をとっていたり絆は薄れないですよね。血の繋がりは切られないし、大事なことだと思います。

土屋:大人になるたびに会う時間が少なくなりますが、思いやりが大事かな。好きと言ったり、恥ずかしかったら手紙を書くとか。

Bさん:功太、大神、ジローの誰がいちばんタイプですか。

玉城:功太かな。功太とカコの感じを見ていて憧れました。

土屋:悩みますが、やっぱり功太くんですね。はっきり想いを伝えてくれたので。

イベントも終盤となり、最後に玉城は「楽しんでいただけましたか?(会場拍手)いろんな人の思いが詰まっている映画ですので、ぜひ楽しみにしてください」とコメント。そして土屋は「とても春らしくてあたたかい物語になっています。ぜひご覧いただき、皆さんの人生の中でコーディネートしてください。本日はありがとうございました」と締めくくり、土屋と玉城の役柄さながらの仲良しトークに、観客も大満足でイベントは幕を閉じた。

映画情報



「PとJK」

3月25日(土)公開

監督:廣木隆一

脚本:吉川菜美

原作:三次マキ「P とJK」(講談社「別冊フレンド」連載)

出演:亀梨和也 土屋太鳳

高杉真宙 玉城ティナ 西畑大吾(関西ジャニーズJr.)/ 村上淳 ともさかりえ 大政絢 田口トモロヲ

企画・配給:松竹株式会社

(C) 2017 「P とJK」製作委員会

映画「PとJK」作品サイト

http://ptojk.jp/