唐門映像投影イメージ。

写真拡大

大政奉還150周年を迎える2017年、世界遺産であり、桜の名所である元離宮二条城で、3月24日(金)?4月16日(日)まで『二条城桜まつり2017ー桜の宴ー Directed by NAKED』が開催される。

二条城は、例年、4月に約26万人の観光客が訪れる一大観光スポットとなっている。今回は空間演出のネイキッドが参加し、プロジェクションマッピングなどが行われる。

伝統芸能である「能」には、京都を舞台にした桜の精霊が登場する演目が数多くあることに着目。能で表現される桜の精霊の物語を歴史ある二条城の空間で表現し、6つのエリアに分けストーリー性のある桜のアートを展開する。また、食も楽しむエリアも設け、特設ステージでのパフォーマンスなども行われる。

通常観覧は、午前8時45分〜午後4時(午後5時 閉城)。
ライトアップは、午後6時〜午後9時(午後9時30分 閉城)
※ ライトアップ時は観覧エリアが限定される。
ライトアップ 一般400円,小中高生200円
※ 和装の方は入城無料