瑛太

写真拡大

連続ドラマ『ハロー張りネズミ』が7月からTBS系で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

『島耕作』シリーズで知られる弘兼憲史による漫画『ハロー張りネズミ』をもとにした同作。東京・板橋の下赤塚にある探偵事務所「あかつか探偵事務所」に所属する探偵のハリネズミこと七瀬五郎を主人公にした物語で、面倒な案件ほど引き受けたがる五郎とその仲間たちが、様々な事件に挑む様を描く。

好色でおせっかいだが情に厚い主人公の五郎役を演じるのは瑛太。ある事件をきっかけに五郎と知り合うミステリアスなヒロイン・四俵蘭子役を深田恭子、あかつか探偵事務所に所属する五郎の相棒・グレさんこと小暮久作役を森田剛、事務所の所長・風かほる役を山口智子が演じる。

全話の脚本と演出を担当するのは、映画『モテキ』『バクマン。』や瑛太が出演したドラマ『まほろ駅前番外地』などを手掛けた大根仁。大根がゴールデン・プライム帯のドラマの脚本・演出を手掛けるのは今回が初となる。

主演を務める瑛太は「僕自身バカでスケベなところも含めて原作のキャラクターに非常に共感しているので(笑)、特に役作りはせず楽しみながら撮影に臨みたいです」と意気込みを語っているほか、「大根さんと一緒なら新たなチャレンジができると思うので、今回は冒頭からかなり飛ばしていこうと思っています。ぜひ期待してください!」とコメントしている。

また大根は「深夜ドラマや映画では割とヤンチャな仕事をしてきたつもりですが、今回のゴールデンでもいつも通りやってみようと思います。また、瑛太さんをはじめ、深田さん、森田さん、山口さんなど、ゴージャスかつひと癖もふた癖もありそうなキャストのみなさんにも注目していただければと思います」とコメント。そのほかのキャストや原作者の弘兼のコメントは番組のオフィシャルサイトでチェックしよう。