1

iOSで2016年12月から登場しているマリオ史上初のスマートフォンアプリ「Super Mario Run」のAndroid版アプリが公開されました。

Super Mario Run - Google Play の Android アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nintendo.zara



インストールをタップ



アプリを起動したら、画面をタップするとゲームが始まります。



まずは登録設定が必要なので、居住地を選択して「OK」をタップ。



ニンテンドーアカウントと連携するとセーブデータを復元可能。スキップしてもゲームをスタートできますが、iOS版から移行したい人などは、iOSと同じニンテンドーアカウントを連携させれば、データを引き継いでAndroidスマートフォンで続きからプレイ可能です。



「同意する」をタップ



アイコンと名前を入力して「OK」をタップ



これでプレイがスタートします。マリオの頭上にクッパが現れ、ピーチ姫の誘拐を予告されてしまいました。



iOS版と同じくチュートリアルステージが始まります。Super Mario Runでは、横スクロールのステージをマリオがオートで走って行きます。



小さい段差や……



小さいテキも、画面をタッチすることなくオートで飛び越えることができます。



幅広い穴は超えられないのですが、落ちてもシャボンになって復活します。画面をタッチするとシャボン玉が割れて再スタートできるわけです。



走っている時に画面をタッチするとジャンプすることができ……



タッチする時間が長いほどハイジャンプになります。



コース上にはピンクコインが5枚設置されているので、各ステージでコンプリートを目指す楽しみもあります。



小さいテキは何もしなければオートで「ウマとび」して乗り越えますが、ウマとびのタイミングで画面にタッチすると、カッコよくハイジャンプすることが可能。



行く手を阻まれた場合は、カベにぶつかった時に画面をタッチすることで、「カベキック」が発動して三角跳びができるようになります。



というわけで、内容はiOS版と全く同じアプリ。今後はAndroidスマートフォンでもSuper Mario Runがプレイできるようになったわけです。



iOS版でじっくりレビューした内容については、以下の記事から読むことができます。

スマホ初のマリオ「スーパーマリオ ラン(SUPER MARIO RUN)」がiOSで配信開始、実際にプレイしてみた - GIGAZINE



なお、色違いのヨッシーが仲間にできるアップデートもあるとのことです。