写真提供:マイナビニュース

写真拡大

全国石製品協同組合は3月23日、香典の額に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は2月1日〜8日、全国の30代以上2,613名を対象にインターネットで行われた。

全体で、香典の金額は3,000円以上5,000円未満が最も多い結果となった。

葬式に参列した時の香典の金額を調査したところ、近所の人の場合3,000円以上5,000円未満が34.9%。次いで3,000円未満が24.2%、5,000円以上7,000円未満が20.0%だった。

会社の同僚の両親が亡くなった場合の香典金額は、3,000円以上5,000円未満が31.4%、次いで5,000円以上7,000円未満が22.4%、3,000円未満が20.7%。

友人の両親が亡くなった場合の香典金額は、3,000円以上5,000円未満が28.2%、次いで5,000円以上7,000円未満が22.4%、3,000円未満が18.5%となった。

地域別の香典額を比較したところ、全体的に3,000円以上5,000円未満の割合が多い中、関東の香典額が比較的高い傾向が見られた。年代別では、3,000円以上5,000円未満が主流となる中、30代男女及び40代女性では3,000円未満がトップに。また、「会社の同僚の両親」「友人の両親」の場合は、年代が上がるほど、香典額が増加する傾向がみられた。男女別では、「近所の人」の場合は、ほぼ同じ傾向が出ているが、「会社の同僚の両親」「友人の両親」の場合は、男性に比べ女性の香典額が安い傾向が表れている。