2015年、スイスブランド初のスマートウオッチとして話題となったタグ・ホイヤー コネクテッドですが、この3月15日に“スイスメイド”となって進化したコネクテッド モジュラー45が発売となりました。(ちなみにスイスメイドは、60%以上をスイスで製造した時計に限り呼称することが許されます)

 

 

”楽しんで着けられる要素”が格段にレベルアップ

↑スイスメイドの刻印が輝く。お値段は18万9000円〜とグッドプライスだ

 

本誌では発売前の実機を1週間ほどお借りして試用しましたが、先代モデルより腕時計らしさを追求した時計になっているなという印象を受けました。

 

スマートウオッチとしての進化というより、目玉であるモジュール式に代表されるような”楽しんで着けられる要素”が格段にレベルアップしているのです。

 

一度購入した後でも、好みのベルトやバックル、ラグに至るまで新たに購入して付け替えが可能。そのうえ、同じモジュールコンセプトを持つ機械式の3針時計やトゥールビヨンまで付け替えられるので、飽きずに長く使えそうです。

 

↑今回は最もベーシックなシルバーベゼル×黒ラバーベルトを選択。もちろん文字盤デザインは自由に選ぶことができる

 

写真のようにジャケパンスタイルくらいなら問題なくマッチします。

計算されたラグ形状とラバーベルト、チタン製ケースにより、着け心地はとても快適。本機のモジュール式の開発ベースとなった、機械式クロノグラフであるホイヤー01(ゼロワン)よりも軽快に着けられそうです。

 

公式にはケースの厚みの変化に言及されていませんが、少し薄くなったような印象で袖口への突っ掛かりが少なかったのも素晴らしい点。ニットの上にコートを着ても、時計の存在がほとんど気にならならず、使い勝手良好です。

 

↑厚手のニット&コートと共に着用。袖口に引っ掛からず、すんなり腕が通った

 

↑ケースは厚みが抑えられつつ、腕に沿うようなラグ形状をしている

 

 

ベルト根元のボタンを押すだけで秒速でストラップ交換が可能!

 

本機は上写真のようにケースとラグ、ベルトを全て取り外すことが可能。

 

冒頭に述べたようにモジュールコンセプトを持っており、自身でカンタンに付け替えが楽しめます。ただ、この手の付け替え作業って大抵やりづらいことが多く、結局使わない機能になりがちなのですが、本機は違いました。

 

↑ベルト根元に横長のボタンが見える。これが取り外し用のボタンだ

 

↑ボタンを親指で押しながら引くと、ストレスなく外れた

 

↑ケースとベルトの接続部分。乱暴に引っ張るとキズつける恐れがあるので注意したい

 

一般的な機械式時計だと、バネ棒外しで苦労しながらベルトを付け替えるものですが、本機はもはや毎朝やっても苦でないレベル。秒速でベルトが換えられちゃいます。

 

今後、ほかの機械式時計への採用も期待したいほど、本当によくできたモジュール機構ですね。

 

締めくくりは、50mの防水性も備える本機ならではの使い方として、スポーツシーンでも使ってみました。

 

ロードバイクでのサイクリングで使用したところ、屋外での視認性はまずまず。白文字盤のダイアルデザインを選択しておけば、自転車に乗りながらでも瞬時に時間が分かったでしょう(今回は黒文字盤を選択)。

 

↑屋外の使用では文字盤デザインなどを考慮すると、より使いやすそうだ

 

また、地図アプリやエクササイズアプリなども使用できるため(適宜ダウンロードは必要)機能のカスタマイズも楽しいですね。特に、本機はGPSを搭載しているのでスマホいらずで地図を見られるのは便利。

あまり携行品を持てないサイクリングなどのシーンでも、腕時計1本でできることが増えるのは嬉しいですね。

 

↑地図アプリではかなり正確に現在地を捕捉。GPSの使用はバッテリーのもちが気になるところだが、約4時間のサイクリングでも問題なく使えた(時計としての使用だけだとまる1日はもつ)

 

今回はデザインとスマートウオッチとしての性能の両面からレビューをしましたが、本機の魅力は何と言っても豊富なパーツバリエーションから、自分好みの一本に仕上げられること。

タグ・ホイヤーブティックでは既に現物も見られるので、まず高級時計としての完成度とモジュール式の楽しさに触れて欲しいと思います。

 

↑ホイヤー01のダイアルデザイン。60万円超のモデルを擬似的に、お得に楽しめるのも素晴らしい!