『ワンダーウーマン』(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真拡大

 8月25日(金)に公開される映画『ワンダーウーマン』より、“日本オリジナル版”特報が公開された。

動画はこちら

 本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』に続く、DCコミックス原作のアクション映画。誰よりも優しく育った最強の女戦士ワンダーウーマンが、荒れる社会の中で活躍する模様を描く。

 このたび公開された特報映像は、女性だけの島で育ち、男を知らないプリンセス・ダイアナ(ワンダーウーマン)が、不時着して島に流れ着いたパイロットのスティーブを見つけ、興味津々に「これがオトコ?」と言い放つシーンから始まる。故郷を離れスティーブとともに大都会ロンドンへとやってきた、好奇心旺盛で生真面目なダイアナ。スティーブの秘書として同行し、社会を学んでいくが、突然武装した男たちに襲われる。だが、ダイアナは銃弾を素手で防ぐのだった。そんな“スーパーヒーロー”の姿を見せる一方で、女だけの島で育ったため世間知らずな彼女は、注意されてもついつい剣と盾を持って街を歩いてしまい、「あなた変わってるのね!?」と周囲を驚かせる。

 “ワンダーウーマン”を演じるガル・ガドットは「女性として、そして娘の母として、この物語を語るには、今ほど完璧なタイミングはないと思う。そろそろ女性のヒーローが登場するべき時ね」とコメント。さらに、「愛が溢れる彼女は“良いことをしたい”と思っているキャラクターなの。だからワンダーウーマンはパーフェクトで偉そうな存在じゃなくて、柔らかみがあって、愛されるキャラクターとして演じたかったの」と語った。なお、特報映像では、『美少女戦士セーラームーン』シリーズで月野うさぎの声を担当した三石琴乃がナレーションを務めている。(リアルサウンド編集部)