写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Red Hatは3月21日(米国時間)、「Red Hat Launches Latest Version of Red Hat Enterprise Linux 6, Pairing Production Stability with IT Modernization」において、Red Hat Enterprise Linux 6系の最新版となる「Red Hat Enterprise Linux 6.9」の公開を伝えた。

Red Hat Enterprise Linux 6.9では新しいハードウェアサポートが追加されている。これはRet Hatパートナーと共同で実施された取り組みで、Red Hat Enterprise Linux 6系の環境をRed Hat Enterprise Linux 7系の環境へスムーズにアップデートすることを目的としたもの。そのほか、TLS 1.2サポートのアップデートや最新のPCI-DSS標準のサポートなどが追加されている。

Red Hat Enterprise Linux 6系は今年5月10日の時点でプロダクションフェーズ3に入ることになり、クリティカルなセキュリティの修正や事業継続に強い影響をもたらすような変更しか実施されなくなる。現在Red Hat Enterprise Linux 6系を使用している場合は、Red Hat Enterprise Linux 7系へのアップグレード計画を立案して実施すべきタイミングが近づいてきていると言える。

(後藤大地)