引きこもり女子、社会に触れる (C)クエールフィルム

写真拡大

 女優の門脇麦が恋に目覚めたオタク女子を演じる「世界は今日から君のもの」が、7月15日に公開されることが決定。あわせて、スケッチブックを手に物思いにふける門脇を収めた場面写真が、お披露目された。

 映画は、「梅ちゃん先生」「結婚できない男」などヒットドラマを手掛けた人気脚本家・尾崎将也がメガホンをとるオリジナル作品。人と接することが苦手な主人公が社会に向き合うなかで、“自分らしい一歩”を踏み出す姿を描く。門脇と三浦貴大、比留川游、マキタスポーツ、YOUらが共演する。

 高校時代から5年間引きこもり、好きな漫画・イラストの模写などに没頭して過ごしてきた小沼真実(門脇)は、父・英輔(マキタスポーツ)の勧めでゲーム会社でバグ出しをする仕事を始める。あるとき、社員の矢部遼太郎(三浦)が担当するゲームのイラストに手を加えたことで絵の才能を認められ、キャラクターのイラストを依頼される。遼太郎にほのかな恋心を抱いた真美は、描くことに向き合っていく。

 「世界は今日から君のもの」は、7月15日から東京・渋谷シネパレスほかで公開。