1

Googleマップが現在地をリアルタイムで共有できる機能「Location sharing」を発表しました。Location sharing機能のおかげで、待ち合わせの時のイライラは解消されることになりそうです。

Share your trips and real-time location from Google Maps

https://blog.google/products/maps/share-your-trips-and-real-time-location-google-maps/

Location sharingがどのようなサービスなのかは以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Share your real-time location with the people you want, for exactly as long as you want - YouTube

友人の誕生日を祝うためのサプライズパーティーの準備中。



ホスト役のティナさん。サプライズパーティーで最も大切で、最も管理が難しいのは「人」の問題。



サプライズパーティーの会場であるティナさんの自宅に向かうグレッグさん。誕生日の友人にバレないようにこっそりみんなで集まる必要があります。



他方で、誕生日を祝ってもらうケイトさんは、呼ばれて待ち合わせの場所に向かっている最中。



呼び出したのはベンさん。



ケイトさんとはピンク色のベンチで待ち合わせしています。



ただしどのベンチなのかまで指定していなかったため、ケイトさんは別のベンチで待機中。



こんなすれ違いもGoogleマップのロケーションシェア機能があれば問題なし。



「Share location(現在地をシェア)」をタップすれば、自分が今いる場所を友人に共有することが可能です。



シェアする時間を指定したり……



もちろんシェアする相手も選べます。



ケイトさんにベンさんの居場所がシェアされて……



無事、落ち合うことに成功。



ベンさんはこっそりとスマートフォンを確認。



サプライズパーティーの参加メンバーの現在地を確認している模様。



Googleマップ上に、場所をシェアする人が顔アイコンで表示されました。みな、ティナさんの家に近づいているようです。



ベンさんはケイトさんを連れて移動開始。



Googleマップのナビ機能を使ってティナさんの自宅を目的地に設定しました。



ナビ機能でもルート情報をシェア可能。



ティナさんにベンさんのルート情報が通知されました。



「あと10分で到着予定」であることが分かります。



ルート上にベンさんのリアルタイムな位置情報が表示され、今、どこを移動中なのか一目瞭然。



「みんな、もうすぐ到着するわよ。準備して!」



ベンさんとケイトさんはすぐそばまで来ています。



Googleマップの位置シェア機能があれば、ケイトさんの誕生日を祝うサプライズパーティーは大成功間違いなし、というわけです。



ムービーにあったとおり、「Location sharing」では、Googleマップ上に自分の居場所をシェアすることが可能。



ナビモードでもリアルタイムに居場所を共有できるので、待ち合わせている人がどこにいるのか、到着予定時刻はいつかが一目で分かるようになります。



GoogleはGoogleマップのLocation sharing機能を、間もなくリリースする予定です。