2017年に公開される劇場版アニメ「はいからさんが通る」の前編の公開日・後編公開時期・後編副題・メインスタッフが解禁となりました。前編の副題は「紅緒、花の17歳」でしたが、後編は「東京大浪漫」で、原作ラストエピソードまでを描くとのこと。

劇場版アニメーション『はいからさんが通る』公式サイト

http://haikarasan.net/



劇場アニメ『はいからさんが通る』公式(@haikara_anime)さん | Twitter

https://twitter.com/haikara_anime

劇場アニメ「はいからさんが通る」は前後編で公開される予定であることが2016年11月に発表されていますが、このうち前編「紅緒、花の17歳」は2017年11月11日(土)公開、後編「東京大浪漫」は2018年公開予定であることが新たに発表されました。

また、同じく2016年11月に監督・脚本を務めるのが古橋一浩さんであることが発表されていますが、新たに、後編は「リストランテ・パラディーゾ」「ヤング・ブラックジャック」「機動戦士ガンダム 第08小隊 ミラーズ・リポート」の加瀬充子さんが監督を担当することが明かされました。

このほかのメインスタッフは以下の通り。

キャラクターデザイン:西位輝実(「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「輪るピングドラム」)

背景デザイン・美術監督:秋山健太郎(「悪の華」「輪るピングドラム」「虹色ほたる」)

色彩設計:辻田邦夫(「ONEPIECE FILM Z」「四畳半神話大系」「輪るピングドラム」)

撮影:荻原猛夫(グラフィニカ)(「美少女戦士セーラームーンCrystal」「ONE PIECE FILM Z」「HELLSING OVA 次Ν宗Ν勝)

音響監督:若林和弘(「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「精霊の守り人」)

音楽:大島ミチル(「大河ドラマ 天地人」「ごくせん」「鋼の錬金術師」「赤髪の白雪姫」)

アニメーション制作:日本アニメーション(「赤毛のアン」「ちびまる子ちゃん」「長編映画シンドバッド」)

製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

配給:ワーナー・ブラザース映画

「はいからさんが通る」は大和和紀さんの漫画が原作。1978年にテレビアニメ化されたときは、主人公・紅緒の婚約者である伊集院忍が帰国したところで未完のまま終了となっていました。原作連載40周年を記念して製作される今回の劇場版では、後編「東京大浪漫」の副題からも感じられるように、原作のラストエピソードまでを完全アニメ化。35年以上の年を越えて、ついに紅緒と少尉の恋の結末がアニメとして描かれることになります。

©大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会