反日感情が根強く残る中国では、しばしば日系車が中国人の不満のはけ口となってきた。歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、一時は日系車の購入を見合わせる中国人消費者も少なからず存在したが、近年は反日感情が高まるような事件や事故が起きておらず、日系車の販売も安定した伸びを見せている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 反日感情が根強く残る中国では、しばしば日系車が中国人の不満のはけ口となってきた。歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、一時は日系車の購入を見合わせる中国人消費者も少なからず存在したが、近年は反日感情が高まるような事件や事故が起きておらず、日系車の販売も安定した伸びを見せている。

 また、中国では日系車の品質や安全性が改めて評価されつつあるようで、欧米で行われた品質や安全性の調査で日系車が良好な結果を獲得していることは中国国内でも広く報じられるようになった。また、ネット上の口コミを見てみても、日系車の燃費性能や故障の少なさといった信頼性の高さを高く評価する声は少なくない。

 中国は世界各国の自動車メーカーがしのぎを削る激戦区だが、中国人消費者から見ても日系車の品質は群を抜いているようで、中国メディアの今日頭条はこのほど、「なぜ日系車は品質がこれほど高いのだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載、ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 記事に寄せられているネットユーザーの意見を見てみると、「修理しにくいドイツ車、壊れない日系車」という言葉が繰り返し登場しており、日系車の品質の高さは広く知られていることが良く分かる。さらに、日系車の品質が高いのにはれっきとした理由があるという意見も多く、たとえば「日本の自動車メーカーは部品メーカーをころころと変えるようなことはしないため品質が安定する」という指摘や「材料や技術は新しいものよりも成熟したものを使用する傾向にあるため」という意見があった。

 さらに「日系車を購入した消費者なら、誰もがその質の高さを知っている」とし、日系車は本当にトラブルが少なく、煩わしい思いをすることが少ないと評価したうえで、「日系車の品質が高いのは、1つ1つの部品に至るまで徹底的にこだわる日本人の気質が理由なのではないか」という声も多かった。

 同記事に寄せられているコメントの大半は、日系車の品質は中国車はもちろん、他の国の車よりも明らかに高いと認める意見であり、なかには「日本はあれだけの小国なのに、これほど優れた工業力を確立したのは本当に敬服する」という意見も見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)