画像

写真拡大 (全2枚)

 ファンコミュニケーションズが運営するアフィリエイトサービス「A8.net」は、提携するアフィリエイト参加者が掲載情報の信頼性をチェックできるサービスを開始した。

 アフィリエイトは、自分のブログやWebサイトに掲載した広告から商品購入等の成果が発生すると収入が得られるという取り組みやすさから副業としても人気がある。2017年3月現在、ファンコミュニケーションズの「A8.net」には219万超のアフィリエイトサイトが登録されている。 

 しかし、参加者の中には、薬機法(旧薬事法)や景品表示法などの法律に詳しくない人もいるため、意図せずして法に触れる広告宣伝を行ってしまうリスクがある。こうした状況を踏まえて、ファンコミュニケーションズは、運営するアフィリエイトサービス「A8.net」で、提携するアフィリエイト参加者が掲載情報の信頼性をチェックできるサービスを3月23日から開始した。

 審査はバナーやテキスト、ランディングページなどの審査でも実績があるイー・ガーディアンに依頼し、バナーは200円から、ランディングページ等のWebページであれば3,500円から(※最低取引金額有り)、提携する専門家による薬機法(旧 薬事法)・景品表示法などを基にしたサイト審査や著作権に関するチェックが受けられる。抵触の可能性がある箇所の指摘、代替表現案の提案、関連法規などの共有を受けられるので、アフィリエイト参加者のコンテンツの信頼性と品質向上につながる。

 「A8.net」はこのサービスを通じて、年内1万サイト以上のアフィリエイトメディアのサイトチェック利用を目指す。

※ 最低定取引金額:5万円(初回のみ)

MarkeZine編集部[著]