システム構成イメージ。ラインセンサカメラと撮影及び解析用アプリケーションを組み合わせたエレベーターのロープの保守点検製品となる(画像はプレスリリースより)

写真拡大

 明電舎は、カメラと画像処理技術を活用したエレベーターのロープの保守点検製品「ロープテスター」の開発を発表した。

 背景には、国内海外ともにエレベーター市場における保守点検需要の高まりと、中東・ASEANを中心に高層ビル向け高速エレベーターが増加傾向にあることが挙げられ、これまでの主流であった技術員による目視などによる点検では、時間的にも作業的にも負担が増えていたという。

 同製品は、鉄道の架線を走行しながらカメラで撮影、画像処理を行い点検する同社独自の製品である架線計測システム「カテナリーアイ」の技術を応用したもので、日本オーチス・エレベータと共同で開発。エレベーターを最下階から最上階に定格速度で一度起動させるだけで、メインロープの全長のロープ径を自動測定することが可能で、作業員の手間を削減しつつ、安全性の確保も実現している。

 システム構成は、ステレオタイプのラインセンサカメラ、ノートパソコン、照明及び各種電源といったハードウェアに、撮影用アプリケーション、解析用アプリケーションといったソフトウェアを組み合わせたものとなっている。

 なお、カメラで撮影し画像処理を行ったロープテスターは業界初となり、日本で特許申請を出願しているという。今後は市場展開に向けた準備しつつ、IoTと絡めた遠隔監視なども視野に入れた改良を行っていくとのこと。

■関連リンク
防犯システムNAVI
防犯システムNAVI DATA BASE