大磯プリンスホテル「旧吉田茂邸ランチ」や旧吉田茂邸味わう宿泊プラン

写真拡大

大磯プリンスホテル(神奈川県大磯町)は、2017年4月1日の旧吉田茂邸公開に合わせ、「旧吉田茂邸ランチ」と「旧吉田茂邸をまるごと味わう歴史探訪 宿泊プラン」を4月5日から販売する。

再建・公開に合わせ企画

吉田茂元首相(1878〜1967 年)が暮らし、2009 年に火災で全焼した旧吉田茂邸の再建・公開に合わせ、吉田氏が好んで食べたと言われる大磯の名物をランチメニューに仕立てた。「井上蒲鉾店 はんぺん」「真壁豆腐店 豆腐」「新杵 まんじゅう」が一度に食べられ、刺身の盛り合わせや季節野菜の炊き合わせも付く。料金は3500円(税込)。

宿泊プランでは旧吉田茂邸の歴史を五感で味わえる。邸宅と庭園をガイド付きで巡り、城山公園内の茶室で抹茶・生菓子で一服、夕食は大磯の名物 3 品を味わえるプレート付のディナーブッフェ。料金は1人1万3457円〜(1室2人利用時、税込)。

同ホテルは4月5日にリニューアルオープン。眼下に相模湾を望む「メインダイニングルーム」や海辺の別荘をイメージした客室で、吉田氏が「楽しい気分になれる」と語った大磯の雰囲気を感じつつ食事が楽しめるという。