ネットワークオーディオの新しい形を提案

写真拡大

デノンは「HEOS by Denon」ブランドのワイヤレス・オーディオシステムを2017年3月15日に発売した。無線LAN、有線LAN 両方に対応しており、AWA やSpotify をはじめとするストリーミングサービス、インターネットラジオを楽しめる。

スピーカー2モデル、既存のシステムに追加できるプリアンプをラインアップ

ほかに、USB メモリーやローカルネットワーク上のNAS(ネットワーク・ストレージ)やパソコンなどのミュージックサーバーに保存したハイレゾ音源やBluetooth、アナログ入力など多彩な音源を自在に再生することができる。

設定や操作はiOS、Android、Kindle Fire対応の「HEOS」アプリから行える。同一ネットワーク上の複数のスマートフォン/タブレットから同時に操作可能で、ローカル/ストリーミングサービスの楽曲が混在したプレイリストを家族や友人らで編集し、それぞれ好みの音楽をシェアできる。

また同一ネットワーク上に複数の「HEOS」デバイスがあれば、「グルーピング機能」を使って家中で同じ曲を再生したり、それぞれ個別に楽しむこともできるほか、2つの「HEOSスピーカー」をペアリングすればステレオ再生が可能だ。

ラインアップは、リビングなど広めの空間に適するスピーカー「HEOS 3」、コンパクトで設置場所を選ばないスピーカー「HEOS 1」、既存のアンプやAVレシーバー、アクティブスピーカーなどを組み合わせられるワイヤレスプリアンプ「HEOS Link」3モデル。

オプションとして「HEOS 1」に取り付ければ約6時間の再生が可能になる専用バッテリーパックと、IPX4相当の防滴仕様になるスプラッシュガードのセット「HEOS 1 Go Pack」を用意する。

価格はいずれもオープン。