Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が21日放送のテレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』に出演。中居正広からのムチャぶりに困惑する一幕があった。

 先日、記者会見を開き、4月24日からゴールデン枠に進出することを発表した同番組。この日の放送冒頭では、会見後の舞台裏を紹介。藤ヶ谷は「6月で30代になる」と話を切り出し、「結構、ポンコツが出てたじゃないですか」と番組内での自身を振り返りながら自虐した。

 さらに、「20代だし…というのもあるのかな」などと続けた藤ヶ谷に、中居は「カメラ好きだもんな」と、答えを間違えてでもカメラに映りたい願望があるとイジった。

 この中居に苦笑いの藤ヶ谷だったが、「今まで全然、映ってなかったのにジェネレーションになったらめっちゃ映ってるって」と友人からも指摘されているという。番組企画の『世代別クイズ ジェネレーションチャンプ』での自身について語ると、中居らは大笑いしていた。

 続いて放送された同企画内でも、中居の藤ヶ谷への“イジり”は止まらない。「青春時代の『ナイスバディ―なアイドル・タレント』は?」とのクエスチョンが出題された。

 20代チームに所属していた藤ヶ谷。MCの中居は「藤ヶ谷さん、誰にお世話になりました? ダレノガレ?」と同じく20代チームのタレント・ダレノガレ明美の名前を持ち出し、藤ヶ谷の“好み”を追求。

 これに藤ヶ谷は「これ、お世話になった人発表するやつですか」とタジタジ状態。そして、「せめてお世話になった人を発表したら正解したいですよね」と続け、「リア・ディゾンさん」と過去に魅惑のボディでブレイクしたタレントの名前を挙げた。

 すると、中居は「藤ヶ谷は、そっち系なんだ」と藤ヶ谷の“好み”を指摘しながらすぐさま席を移動。苦笑いの藤ヶ谷は中居の後姿に向けて手を伸ばし、戸惑うように体を動かしていた。