かつて寝台特急「富士」に取り付けられていたトレインマーク

写真拡大 (全2枚)

 桜が咲く景色と富士山は、訪日外国人にもっとも人気が高い観光スポットのひとつだ。桜と富士は日本を代表する風物のひとつとして、企業名や船など様々なものの名称にも使用されてきた。もちろん、鉄道も例外ではない。ある路線を運行されるときに使われる「列車愛称」の世界でかつて人気を二分した桜と富士だが、今では桜に人気が集まっている。列車愛称と桜と富士の過去と現在について、ライターの小川裕夫氏がリポートする。

 * * *
 春の行楽シーズン。鉄道旅でも不動の人気を誇るのが、桜だ。繊細で可憐な美しさは日本人の心とも形容される。そうした桜への情念は、鉄道にも深く入り込んでいる。車窓から眺めるだけではなく、桜と列車、桜と駅舎といった風景は見る者の心を捉えて離さない。そして、古くから列車愛称にも「さくら」・「桜(櫻)」が使用されてきた。

 日本全国を走る列車には、多くの愛称がつけられている。東海道新幹線なら「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」、北陸新幹線なら「かがやき」、「はくたか」、「つるぎ」といった具合だ。

 列車愛称は、新幹線だけの専売特許ではない。在来線や私鉄、路面電車などにも、愛称はある。JR北海道には「カムイ」、JR四国には「いしづち」、小田急ロマンスカーには「はこね」、「えのしま」、札幌市電では「ポラリス」、広島電鉄では「グリーンムーバーマックス」など、数え切れない。

 列車への愛称は、1929(昭和4)年から名付けが始められた。当時、関東大震災の影響で列車の利用者数は激減しており、鉄道省は需要を掘り起こすために特急列車に愛称の導入することを提案。鉄道を身近に感じさせることで需要の掘り起こしを狙ったといわれる。

 鉄道省が提案した特急列車の愛称は、即座に広く国民に公募された。公募には、1万9000票以上が寄せられ、得票1位は1007票の「富士」、2位は882票の「燕」、3位は834票の「櫻(さくら)」だった。そのうち、鉄道省は1位の富士と3位の櫻(さくら)を採用。こうして、特急「富士」と「櫻」が走り始めた。

「富士」は、言わずと知れた日本一の山・富士山が由来だ。静岡県・山梨県にそびえる富士山は、古くから日本全体の信仰を集めてきた。それだけに、日本人には少なからず崇高の念が深く刻み込まれているが、北海道や四国・九州の人たちには馴染みが薄い。

 一方、桜の花はソメイヨシノがメジャーになりつつあるとはいえ、全国に数多くの品種が分布している。そうした背景もあって、桜は依然として全国で普遍的に高い人気を誇る。

 それは、鉄道の愛称にも如実に反映されている。寝台特急「さくら」は2005(平成17)年に、寝台特急「富士」は2009(平成21)年に定期運行を終了したが、「さくら」は2011(平成23)年に九州新幹線の列車愛称として復活を遂げた。

 春季の季節運行にも範囲を拡大させれば、「桜(さくら)」という愛称がついた列車は全国各地で運行されている。沿線に桜の名所・飛鳥山を抱える都電荒川線や沿線の荒川土手に約500本の桜が植樹されている秩父鉄道などは「さくら」号の運行に力を入れている。

 桜をウリにした列車が多く走る中、関西一円に路線網を有する近畿日本鉄道は1990(平成2)年に定期運行する特急列車に「さくらライナー」の愛称をつけた。近鉄広報部担当者が説明する。

「『さくらライナー』は沿線に桜の名所があるこの理由とともに、”さわやかデザイン”、”くつろぎ車内”"らうんど展望”をコンセプトにし、それらの頭文字を取って命名されたといわれています。社内に資料が残っていないので命名に際してどのような議論があったのかは不明ですが、沿線の桜を意識していることは間違いありません。2011(平成23)年に『さくらライナー』はハイグレードな車両にリニューアルしましたが、その際に”桜”のイメージをもっと高めることを意図して車体のラインカラーを緑からピンクに変更しました」

 また、「さくらライナー」では吉野駅に到着・発車する際、車内チャイムに「さくらさくら」を流している。

 桜への意気込みは、車両だけではない。沿線の環境整備にも表れている。近鉄は”吉野線 華いっぱい計画”と称する吉野線沿線の景観づくりに取り組んでいる。これは吉野線沿線に花や木を植樹するプロジェクトで、昨年度から今年にかけて吉野線の福神駅付近で桜19本を植樹したほか、沿線全体ではアジサイやモミジ、ユキヤナギなど約1万7000本を植えたという。

 愛される桜に対して、富士山へ思い入れる鉄道会社は多くない。JRは「富士」の復活を果たせていない。富士周辺を地盤とする私鉄でも、「富士」の愛称を使った列車を運行していない。その中で、富士急行だけが孤軍奮闘している。富士山麓を走る富士急行は「富士ビュー特急」や「フジサン特急」を運行しているが、「桜(さくら)」が全国で走っていることを考えると「富士」の現状は寂しい。

 ともに特急列車のエース格として一世を風靡した「富士」と「桜」は、時代の趨勢とともに大きく明暗を分けた。2013(平成25)年、富士山は世界遺産に認定されて脚光を浴びた。鉄道の世界でも”富士”の巻き返しに期待したい。