写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは3月22日、ボディトリマー「ER-GK60」を発表した。手足や胸、ビキニゾーンまで1台で手入れできる。発売は5月1日。価格はオープンで、推定市場価格は9,000円前後 (税別)。

ER-GK60は髪や眉だけでなく、体毛を自分で手入れする男性が増加していることを背景に開発された製品だ。固定刃の先端が尖っていないワイド&ラウンド形状の「トリマー刃」を採用したことで、肌への食い込みを抑えつつ、最短0.1mmのカットを可能としている (※)。

刈り高さ2mmの「肌ガードアタッチメント」と、3mmと6mmの「長さそろえアタッチメント」を同梱。これらのアタッチメントを取り付けることで、ビキニゾーン、でん部 (V・I・Oゾーン) などもやさしく剃ることができる。

サイズはW33×D47×H192mm、重量は約140g。フル充電で連続約40分動作する。本体色は白のみ。刃を外さずに本体を洗えることも特徴だ。

※0.1mmの剃毛はへそ周りに対して。ビキニゾーンやでん部にはアタッチメントの使用を必須としている。

(プラスワン・クリエイティブ)