日本代表の酒井高徳【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は22日、ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦へ向け練習を行った。ハンブルガーSVに所属する酒井高徳は今回の日本代表メンバーに招集されている。

 まず最初に「来た初日は少し体が重かったところもありましたけど、徐々にコンディションも上がってきました。”思ったより気温が高くない”っていうのがあるので、非常にコンディションはいいかなと思います」と語り、コンディションが良好であることを明かした。

 UAE戦に向けては「ホームでの借りを返したいというのは個人としてもチームとしても強いと思うけど、難しい試合になるとは言われているので、それを選手個人個人が理解して、それを上回る気持ちをしっかり出すことが代表には大事かなと。そういった勢いっていうのがアウェーでは一番大事になってくると思うし、チームとして1つの方向性に向かって今日もいい準備して明日に向かってると思うので、最高の結果にしたいなと思います」と、意気込みを語っている。

 一方で、UAE代表の印象に関しては「ホームでもやられたようにカウンターってところからっていうのが非常に脅威なチームかなっていうふうに思うし、よりテクニックに優れた選手が多い中で、より攻撃のセンスがある選手が多いので、すごく攻撃的なチームかなという印象を持ってます」とコメントした。

 また、グラウンドの状態については「いいグラウンドだと思います。いい条件じゃないですか、天候というか気候もそんなに高くないし、湿度ももともと高くないし、グラウンドもすごくいいし。アウェイという雰囲気が当日の試合では入ってくるかなと思いますけど、それは選手はどこに行っても一緒なことだと思うので、だいぶ条件としては思ったよりひどくないのかなと思います」と語り、劣悪な環境というイメージの強い中東アウェイだが、意外と問題ないことを明かしている。

 続けて「盛り上がるっていうほどわーわーなってはないですけど、内に秘めるものだったり士気は感じるし、高く持っていると思う。個人個人で思っていることはあると思いますけど、一貫しているのはリベンジというか、自分たちが優位で戦うはずだったホームで屈辱を味わさせられたのと同じことを仕返してやりたい気持ちが強い。もちろん大前提としてW杯に勝つための大事な1試合としながらも、相手のアウェイだからって関係ないし、向うは関係なくうちに勝ったので、同じ気持ちを味合わせてやりたいと思っています」と、勝利に向けて闘志をむき出しにした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部