劇場版「マジンガーZ」第1弾ビジュアル (C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

写真拡大

 1970年代に一世を風靡した永井豪氏原作「マジンガーZ」を劇場アニメーション化した「劇場版 マジンガーZ(仮題)」の第1弾ビジュアルがお披露目され、本作に登場する“マジンガーZ”の造形の一端が明かされた。

 「マジンガーZ」は、永井氏が72年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載を開始した漫画作品。本作は、世界征服を目論むDr.ヘル率いる“機械獣”と、搭乗型のスーパーロボット“マジンガーZ”を操る兜甲児を中心とした人間たちの壮絶な戦いを描いたTVアニメ版を起点として、新たな物語を創出する。

 公開されたビジュアルは、出動の時を静かに待つ“マジンガーZ”をとらえたもの。闇の中に浮かび上がる“マジンガーZ”は、原作漫画やTVアニメ版の造形を踏襲しており、上部のハッチからはうっすらと光がもれている。またキャッチコピーには、“マジンガーZ”をつくり上げた兜十蔵博士による「それは、神にも悪魔にもなれる――」という意味深な言葉が引用されている。

 なお、3月26日には東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan2017」内で同作のスペシャルイベントが行われ、人気声優の森久保祥太郎と茅野愛衣がトークゲストとして登壇することが決定した。