村上清貴(むらかみ・きよたか)株式会社村上農園 代表取締役社長

写真拡大

 アグリビジネス、農業ベンチャー、大手企業の植物工場参入などが注目を集めるなか、元祖・農業ベンチャーの村上農園が急成長を遂げている。2016年、年商は約90億円。今年は100億円を目標に驀進中だ。

 村上農園は、広島市に本社を構える。戦前、刺身のツマなどに使われる「紅タデ」の栽培からスタートし、1978年に村上秋人が「株式会社村上農園」としてかいわれ大根の生産を開始。95年には豆苗生産を始めた。

 その後、「ルッコラ」「ハーブシリーズ」「スプラウトシリーズ」などを発売した。いまや、豆苗やスプラウト市場のシェア過半数を占める、発芽野菜のパイオニアだ。さらに、発がん性物質を抑制する「スルフォラファン」を豊富に含む「ブロッコリースーパースプラウト」をヒットさせ、「機能性野菜」の新市場を創出した。

 近年の同社急成長の立役者が、リクルート出身という異色の経歴をもち、93年に入社して07年から社長を務める村上清貴だ。秋人のいとこの子にあたる。農業ベンチャーの先駆者に、成功の要因を聞いた。

●年商100億円へ

片山修(以下、片山) わずか2年半前の14年に「目標は年商50億円」と聞きましたが、今年の目標は2倍の100億円です。

村上清貴氏(以下、村上) 年商50億円の目標は、13年から掲げていました。ところが、13年は未達、14年2月には当社の豆苗の半分以上を生産する山梨北杜生産センターが1m40cmの大雪で倒壊してしまった。急遽ほかのセンターの生産能力を増強しましたが、すぐに全量は賄えず、回復に半年、山梨北杜生産センターの完全復旧には1年を要してまた未達でした。15年は、三度目の正直で50億円を突破し、58億円でした。

片山 そこから、昨年は一気に90億円まで伸びた。15年4月に「機能性表示食品」制度が開始されたことも、追い風ですね。

村上 「ブロッコリースーパースプラウト」や「ブロッコリースプラウト」などが、機能性のある野菜として注目され、メディアへの露出が増え、スプラウトシリーズが大幅に伸びました。種子の調達や生産体制が追いついていれば100億円達成可能だったと思います。成長が急激すぎて準備が間に合わなかった。今期こそ、100億円を達成したいですね。

片山 昨年まで5年連続の増収増益ですが、社長就任以来、ずっと順調だったわけではない。むしろ苦労の連続だったと聞いています。

村上 私は93年に、創業者である秋人に請われて村上農園に入社しました。当時の売上高は20億円程度でした。売上高はその後、97年に「O-157」の風評被害で10億円を割っています。

 私が社長に就任したのは07年です。そこから4年間、雌伏の時期が続きました。売り上げが伸び始めたのは、山梨北杜生産センターが稼働を始めた翌12年からです。

片山 山梨北杜生産センターは、村上さんが社長になって初めて新設した生産センターです。この稼働が、業績拡大のキッカケになったわけですね。

村上 そうですね。営業ががんばっても、生産能力がなければ売り上げは伸びませんからね。さらなる成長を目指して、現在、北海道、東北、関西の3カ所で植物工場設置計画を進めています。5〜6ヘクタールの適地を探しているのですが、実はこれだけの広さの条件に合う土地は限られます。それでも、順調にいけば今年中に3カ所ともメドが立ち、約2年後には稼働できます。

片山 5〜6ヘクタールとは、植物工場にしてはかなりの広さですね。

村上 当面の需要はないかもしれません。が、今後スプラウトや豆苗以外の新しい品種のビジネスを展開することを考えれば、まとまった面積が必要なんです。

●徹底した社内改革

片山 社長就任の07年以降、11年までの雌伏の時代は何をされていたのですか。

村上 品質管理を徹底する社内改革です。全国の村上農園の商品の品質を一定にする取り組みをしていました。当時、生産センターは全国に7カ所ありました。広島、千葉、湯来(広島県)、大井川(静岡県)、四日市(三重県)、福岡、小田原(神奈川県)で、かいわれ大根や豆苗、スプラウト類を生産していたのです。そもそも、全国各地に生産拠点を設けている農業法人は非常に少ない。場所によって気候が違い、気温や湿度などの環境、成長に要する時間、必要な設備などあらゆることが違ってくるからです。

 当初は、生産センターごとにかいわれ大根やスプラウトの長さや太さがバラバラなのは、仕方がないと考えていました。しかし、1つのスーパーに2つの生産センターから商品を届けたとき、中身の品質が違うのは困ります。そこで、村上農園ブランドのスペックを決め、全センターの品質統一を図りました。植物ですから、どうしてもわずかなバラつきは出ますが、品質統一を目指すのと目指さないのとでは、まったく違います。

片山 具体的には、何をしたのですか。

村上 すべての面から改革しました。まずは良い種を選び、調達する。生産ではITを使いました。サーバーを設け、毎日全センターの栽培データを入力し、誰でも見られるようにした。今でこそ当たり前ですが、当時は難しいことでした。

 これはつまり、栽培管理の徹底ですね。たとえば、「冷蔵庫の温度は5度に設定してある」というけれど、夏と冬では庫内の温度は異なり、冷蔵している間の植物の伸び方が違ってくる。季節に応じて、何cmで冷蔵庫に入れれば、その後の生育はどうで、パッケージに詰めたときの長さはどうか。細かく数字でチェックして、コントロールできるように変えていったのです。物流においても、低温配送を徹底しました。

 出荷計画の立て方も変えました。われわれの商品は、7日から10日程度で商品化されますので、1週間先の販売計画に基づいて種まきをします。営業上の販売計画と例年のトレンド、現在の野菜の市況などによって販売計画は変化する。それを加味し、全社共通のデータを見て、種まき、生産、営業などの出荷計画を立てられる仕組みをつくりました。品質統一のために、栽培日数が伸びたりコストが増えることになってもいい。まずは徹底して品質を優先しました。

●「農業」ならぬ「脳業」

片山 村上さんは、村上農園のビジネスは「農業」ならぬ「脳業」ビジネスだと話しています。植物工場で、ITを使って生産管理する野菜づくりは、熟練生産者のカンや経験に頼る従来の農業とは違いますね。

村上 確かに栽培データを管理したり、ITやロボットを使ったり生産性を追求する考え方は、「工業」と同じです。ただ、製造業と農業は、まったく違う点があります。

 製造業は、決められた手順や時間のなかで生産することを求められます。一方の植物工場は、手順も時間も決められた通りにやってはいけない。工場の立地、季節、その日の天気、湿度や温度といった外部環境、設備の環境に合わせて、散水や遮光のタイミングなどを変えなければいけないからです。

片山 しかし、今は完全閉鎖型で人工光型の植物工場がありますよね。ボタンを押すだけで、生産者にはなんの経験も知識も必要ないことを謳う植物工場もあります。

村上 確かに、人工光型ならそれは可能です。しかし、設備投資やランニングコストはどうか。南極や砂漠ではなく、国内における生産を考える限り、エネルギーコストを考えれば太陽光を利用するのが一番効率的です。日本は世界的に恵まれた環境にありますから、人工光型の植物工場を設置する意味が、本当にあるのかという話です。

片山 しかし、そうすると生産には生産者の経験やノウハウが求められます。

村上 そうです。まずは現場レベルで植物と向き合って、観察、記録、考察し、成長データと商品を見比べて、栽培工程を組み立て、次の栽培につなげていく。生産者がノウハウを身につけることです。

将来的には、AI(人工知能)を利用した生産も視野に入れています。しかし、AI導入は、現状、人が判断したデータからディープラーニングさせるのが最も実用的とされています。まずは、地道にデータを蓄積しなければ始まりません。

 しかも、ある条件下で野菜がどう変化したかというインプット情報は、複雑なものが多すぎる。たとえば種は、生産地や生産時期によって発芽率や発芽勢、生育スピードなどが違う。しかもそれは一概にはいえない。簡単にはいきません。

片山 今はデータ蓄積段階にあるわけですね。植物工場は、箱さえつくればいいわけではないんですね。

村上 われわれは長年、全国の異なる環境下にある生産センターで、すべての品質が同じになるように努力してきた。これは、簡単なようで非常に難しいノウハウなのです。現状は、人が植物の生長を目で見て、考えて、水や光などの加減を変えながら統一された品質にもっていく以外にないんです。

片山 ロボットの導入はいかがですか。

村上 各工場は自動化を進めていて、箱詰めやパッケージングはロボット化が進んでいます。現在、社員は83人、パートは約340人で、売り上げ規模が拡大しても、それほど人を増やさなくても間に合うと考えています。

●コンペティターはいない

片山 大手の植物工場参入が目立っていますが、栽培ノウハウにかけては村上農園に一日の長がありますね。

村上 そもそも、われわれにはコンペティターはいないのです。露地栽培と競争する野菜はつくりません。新しい野菜をつくり、マーケティングを最大限活用し、売れる仕組みをつくる。実際、豆苗とスプラウトは現状、うちが国内シェアの半分以上を握っています。

片山 村上農園が市場を創造したといっていいですね。植物工場には、トマト、レタス、パプリカなどもありますが、参入される気はないのですか。

村上 ありません。キャベツも白菜もキュウリもつくる気はない。

片山 露地栽培とも競争しないというのは、なぜですか。

村上 簡単にいえば、現状、同じ野菜をつくると、露地栽培のほうが品質がいいからです。四季のある気候において旬のものや、昼夜の気温差によって食感や食味がよくなる。年中20度の植物工場では、これを実現しようとすると、電気や水道などランニングコストがかかりすぎます。植物には遺伝子があり、どんなにがんばってもレタスは1日ではできませんから、製造業のような劇的生産性向上も期待できない。納期の安定はメリットですが、今後、天候異変でプチ氷河期などにならない限り、露地野菜と競争してもビジネスは成立しません。われわれが価格決定権をもてる商品、これから世に浸透させていく商品であって初めて、植物工場のビジネスモデルは成立すると考えています。

片山 100億達成後の目標はいかがですか。

村上 20年に150億円の規模になって、発芽野菜メーカー国内断トツとなり、日本の農業界をリードしていきたいですね。25年に300億円、35年には1000億の規模を目指しています。

片山 すごいですね。

村上 口だけなら、いくらでもいえますからね(笑)。1000億円といえば途方もない話に聞こえますが、5つの事業を展開して実現する考えです。スプラウト事業200億、豆苗事業200億、近年開始したばかりのスペシャリテ事業100億。それから、まだ何も決まっていませんが、新規事業X300億、新規事業Y200億の計1000億円です。

片山 豆苗は、現在の約10倍になる計算ですが、できますか。

村上 できます。今、ひとつのスーパーで売れる当社の商品は、平均1日3個から5個程度です。それが20個になるだけでも、売り上げは5倍になる。需要拡大はまだまだできると見ています。まあ、その頃には私はいません。みんなで成し遂げてほしいと言っています。
(構成=片山修/経済ジャーナリスト、経営評論家)

【村上さんの素顔】
片山 好きな食べ物はなんですか。

村上 魚、エビ、カニ、貝類はすべて好きです。基本的に好き嫌いはありません。仕事柄、世界中でいろんなものを食べますが、なんでも大丈夫です。ペルーでは「クイ」と呼ばれる大型のネズミを食べてきました。油ののったチキンのような味で、おいしかったですよ。

片山 最近、読んだ本を教えてください。

村上 今は、『アマゾン漢方』(永武ひかる著・NTT出版)を読んでいます。やや古い本ですが、アマゾンの呪術師が使う飲み物とかタバコなど民間療法のことが書いてあります。機能性野菜のヒントになるので、興味があるんです。

片山 ストレス解消法は。

村上 ストレスを感じないんですよね。社員はみんな感じていると思いますが(笑)、私は楽しくてやっていますので、ストレスはないですね。