写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●3世代前から消費電力が半減
Qualcommは、2017年1月に発表した新たなハイエンド向けSoCである「Snapdragon 835」を解説するイベントを、中国・北京で開催した。その中で、実際にSnapdragon 835が動作するスマートフォンでのベンチマークが実行できたので、その結果をお伝えする。

○モバイル向け初の10nmプロセス製造SoC

Snapdragon 835は、モバイル向けで初めての10nm FinFETプロセスで製造されるSoC。製造はサムスンで、CPUとしてKryo 280、GPUとしてAdreno 540、DSPとしてHexagon 682、ISPとしてSpectra 180、そしてLTEモデムとしてX16などを搭載する。

従来よりも性能向上を図っただけでなく、3世代前のSnapdragon 801に比べると電力消費は半減した。

パフォーマンスだけでなく、ギガビットLTE、VR、ネイティブのDSD対応、写真やビデオ向けの性能向上、セキュリティ機能の強化など、各種の機能向上も図られている。スマートフォンだけでなく多彩な製品への搭載が見込まれ、Windows 10のARM対応によって、Windows搭載製品への展開も期待される。

○ベンチマーク5種で性能チェック

というわけで、QualcommのリファレンスデザインであるQRD(クアルコム・リファレンス・デザイン)を使用したベンチマークテストの結果である。テストしたのは、あらかじめインストールされていたAnTuTu 6.3.3、Geekbench 4.0、GFX Bench 4.0、3DMark、PCMarkの各ベンチマーク。参考のため、Snapdragon 820を搭載するXperia XZ(SO-01J)でもテストを実施した。ただし、2機種でアプリのバージョンが一致していない可能性があるほか、一部時間内にテストがきちんと終了しなかったものもあることを最初にお断りしておきたい。

ちなみに、各ベンチマークアプリの情報では、CPUはSnapdragon 835が8コア1.90GHz、Snapdragon 820が4コア1.59GHzとなっていた。

それでは定番ベンチ「AnTuTu」から順にみていこう。

●Xperia XZ(Snapdragon 820)と性能比較
○AnTuTu

「AnTuTu」の結果は下記となった。

○Geekbench 4

続いてGeekbench 4。

○GFX Bench

GFX Benchは、Xperia XZ用にGoogle Playからダウンロードしたものがバージョン4.0.13だったが、テスト機(QRD)では4.0.1-qc-5747bcとなっていた。

○PCMark

PCMarkはWork 2.0テストを実施。

○3DMark

3DMarkはSling Shot(ES3.0)でのテストを実施。

○ブラウザベンチマーク

ブラウザベンチマークはKraken JavaScript BenchmarkとOctane 2.0を実施した。だが、時間の関係上、Snapdragon 835でしかテストを実施していない。

ベンチマークテストを見る限り、順当な性能向上が図られている。今回はリファレンスモデルでのテストのため、実際の製品では数字が変わる可能性はあるが、パフォーマンスは高く、Androidスマートフォンだけでなく、Windows 10も快適に動作することが期待できそうだ。

(小山安博)