UAE戦に向けて最終調整するMF清武弘嗣

写真拡大

 キャプテン不在を言い訳にするつもりはない。日本代表MF清武弘嗣(C大阪)はMF長谷部誠の離脱について「このチームにとってハセさん(長谷部)がいないのはすごく痛いと思う」としながらも、「チームを引っ張ってきたキャプテンがいないけど、それを感じさせないプレーをしないといけない」と力を込めた。

 長谷部がチームを離脱した20日の練習前にはピッチ上で長谷部が挨拶し、その思いをチームメイトに託した。「それをみんなが心の中で受け止めて、ピッチで表現しないといけない」。キャプテン離脱の緊急事態を「自分たちが変わるチャンス」と位置づける27歳は「勝てば波に乗れる。やることはやったので不安はない」と力説した。

 約2万5000人収容のハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアムは満員に膨れ上がることが予想される。「独特な雰囲気になると思うけど、自分たちのペースでやれれば。我慢しないといけない時間帯もある。チームとしてまとまってやりたい」と、完全アウェーの一戦を見据えた。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧