けやき坂46(ひらがなけやき)初のワンマンライブがZepp Tokyoにて2日間連続で開催された。両日とも即完の本公演で、2日間合計5,000人が大熱狂となった。

場内が暗転すると、OVERTUREが鳴り響き一瞬にして会場は緑のサイリウム一色となった。けやき坂46(ひらがなけやき)にとっての初めてのオリジナル楽曲『ひらがなけやき』からスタートし、『世界には愛しかない』『二人セゾン』と欅坂46のシングル曲を“初披露”し、会場を驚かせた。

中でもひと際大きな歓声は、普段は平手友梨奈が担当する『二人セゾン』の間奏のダンスパートをメンバーで一番ダンスが苦手な井口眞緒が踊り始めた時であった。誰しもが驚く人選と必死で踊る井口に客席のボルテージは高まっていった。

その後は『青空が違う』『僕たちの戦争』と欅坂46のユニット曲の初カバーも披露。そして、MCと登場とともに発表されたのはタップダンスへの挑戦だった。驚きを隠せないメンバーにさらに、衝撃が訪れる。このタップダンスの披露を5月31日のZepp Nambaにて行うことと、このライブ公演が実はツアーだったことが発表された。

ライブ後半は更に加速し、4thシングルに収録されるけやき坂46(ひらがなけやき)の楽曲『僕たちは付き合っている』も初披露された。本編の最後はライブでも評判の高い『誰よりも高く跳べ!』で会場は大いに盛り上がった。

アンコールでは昨年12月のワンマンライブで初披露された『W-KEYAKIZAKAの詩』で締めくくられ、終演後はメンバーが来場したファンをロビーでお見送りし、終始暖かい空気で公演は幕を閉じた。

漢字欅坂メンバーより先に全国ツアーが発表となったけやき坂46(ひらがなけやき)の今後にも注目である。