『結婚』ポスタービジュアル (C) 2017「結婚」製作委員会

写真拡大

ディーン・フジオカ主演で、直木賞作家・井上荒野の同名小説を実写映画化する『結婚』。ディーンが完璧なヴィジュアルに知性的な会話で女性たちを虜にする結婚詐欺師の古海健児(うるみ・けんじ)役を演じることも話題のこの映画の、ポスタービジュアルと新キャストが発表となった。

映画『結婚』新キャストが出演する場面写真

本作は、ディーン扮する結婚詐欺師の古海に騙された女たちが、ある日、偶然に繋がり、古海の行方を探し始めるところから展開。なぜ、彼は女を騙さなければ生きられないのか。そこには、女たちの想像も願望も鮮やかに裏切る“秘密”があったというストーリーだ。

解禁となったポスタービジュアルには、“「結婚しよう」──それが、彼の別れの言葉。”というコピーが躍る。その言葉が示す通りポスターには、華麗に女を騙しつつも、裏に秘めた孤独と哀愁を感じさせるディーン演じる古海の、どこか妖しくも魅惑的な格好良さが引き出されている。
  
また、すでに古海の相棒・千石るり子役を、柊子(しゅうこ)が演じることが発表されているが、追加キャストとして、古海に惹かれる家具屋店員・工藤麻美役に中村映里子。同じく古海に惹かれていくキャリア志向の編集者・吉岡真奈役に松本若菜。自分を騙した古海を探し出そうとする市役所勤務の穂原鳩子役に安藤玉恵。鳩子と共に古海を追う探偵・矢島役に古舘寛治。古海を助ける謎の女・柊泰江役に萬田久子。古海の妻・初音役に貫地谷しほりと、新たに6人の名前が発表になった。

ディーンとは、朝ドラ『あさが来た』以来となる共演をはたした萬田は「久しぶりにご一緒でき嬉しかったです。朝ドラではすれ違いだったので、今回が初共演みたいなもの。相変わらず爽やかなディーンに癒されました。本当にデートしているような気分で、とっても楽しい撮影でした」とコメント。ディーン扮する古海の妻役を演じる貫地谷は「ディーンさんは常に役のこと映画のことを考えていらっしゃる姿が印象的でした」と話している。

『結婚』は6月24日より公開となる。