韓国が在韓米軍にTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を決めたことで、中韓関係が急激に冷え込んでいる。一時は中国と韓国の関係は蜜月関係にあるとも言われるほど好調だったが、今やTHAADを巡って中韓関係は緊張状態にあると言える。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 韓国が在韓米軍にTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を決めたことで、中韓関係が急激に冷え込んでいる。一時は中国と韓国の関係は蜜月関係にあるとも言われるほど好調だったが、今やTHAADを巡って中韓関係は緊張状態にあると言える。

 中国はTHAAD問題に対して韓国に様々な報復措置を取っているとされるが、中国メディアの今日頭条が20日付で掲載した記事はTHAAD問題が原因で中国における韓流市場が冷え込んだため、韓国の芸能人たちは続々と東南アジア市場へと活躍の場を移していると伝えた。

 記事は、著名な韓国人歌手が過去に「中国では韓国の100倍も稼げる」と語っていたと紹介し、中国は人口が多く市場も巨大であるため、韓国の芸能人たちにとっては「非常に重要、かつ、金のなる市場」だったと説明した。

 しかし、「THAAD問題」が表面化して以降、中国における韓流市場は衰退し始め、絶えず悪いニュースばかりが報道されていると紹介。この悪いニュースには中国国内での撮影が禁じられるというニュース、新しく誕生したばかりの女性グループの解散、中国人ファンの大量離脱、韓国映画やドラマが中国で以前のようにもてはやされなくなったことなどが含まれると説明した。

 こうした現状に対し、収入が激減した大量の芸能人たちが次々に「東南アジア市場に活躍の場を移している」と説明、その事例として韓国アイドルグループの「EXO(エクソ)」がマレーシアで公演を行ったことや、4月にシンガポールでの公演を予定していることを紹介した。

 また18日には、韓国アイドルグループ「JYJ」を脱退した金在中(キム・ジェジュン)もバンコクのフアマークインドアスタジアムでタイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナムから来た5000人以上のファンたちに囲まれたと説明。中国以外でも韓流スターたちは人気だと伝えた。

 韓国の芸能人たちが中国での活動を制限されたゆえに活動の中心拠点を東南アジアに移しているということだが、角度を変えてこうした現状を分析すれば、中国から1つの国際的な文化活動が消失しようとしているとも言えるだろう。韓流にとって中国は非常に重要な市場であり、THAAD問題が落ち着くまでの一時的な措置かもしれないが、すぐさま東南アジア市場に活躍の場を移せるという点から韓流タレントのたくましさも垣間見える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)