写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●モバイル初の10nmプロセス製造SoC
Qualcommは、1月に発表した新しいハイエンドSoCである「Snapdragon 835」を解説し、その性能をアピールするイベント「Snapdragon 835 Benchmarking Workshop Beijing」を、中国・北京で開催した。

Snapdragon 835は、ギガビットクラスのLTE通信に対応するほか、各種パフォーマンスの向上が図られている。ソニーモバイルコミニュケーションズが2017年2月に海外で発表した「Xperia XZ Premium」などに搭載され、順次搭載製品が登場する見込みだ。

Snapdragon 835は、モバイル向けでは初めて10nmのプロセスルールで開発されるSoC。トランジスタ数は実に30億に達し、製造はサムスンが担当する。前モデルはSnapdragon 820/821で、こちらは200機種以上の製品に搭載されており、Snapdragon 835も同様に多くの製品が登場することが期待されている。

○スマホだけでなく、VRデバイスにも搭載

現時点ではソニーモバイルのXperia XZ Premiumに加え、2つのVR/ARゴーグルが発表されており、スマートフォンだけでなく、VRなどにも適したソリューションとして採用拡大を目指していく。10nmの第2世代FinFETプロセスにより、パッケージサイズがさらに小型化したことで、より薄いスマートフォンの製造、大容量バッテリの搭載、低消費電力化などが可能になる、と同社は言う。

○下り約979Mbps、ギガビットクラスのLTEをサポート

パッケージにはSnapdragon X16モデム、Hexagon 682 DSP、Kryo 280 CPU、Adreno 540 Visual Processing、Spectra 180 Camera ISP、Haven Securityといった機能が統合されている。

X16モデムでは初めてギガビットクラスのLTEをサポート。統合GPUのAdrenoは、レンダリング速度が25%向上、ISP(イメージシグナルプロセッサ)のSpectraでは、スムーズなズームやより高速なオートフォーカスなど、さまざまな性能が向上しているという。

新たにUSB-PDと互換性のあるQuick Charge 4も搭載。2,750mAhのバッテリを搭載した端末で、15分で50%まで充電が可能だとしている。

○ソニーモバイル、ZTE、モトローラが搭載宣言

同社のMarketing部門Senior DirectorのMike Roberts氏は、Snapdragon 835の機能の中で、まずギガビットLTEについて説明した。スマートフォンではソニーモバイル(Xperia XZ Premium)に加えて、ZTEとモトローラがギガビットLTE対応端末をアナウンスしており、すでに11カ国15事業者がギガビットクラスのLTEサービスの提供を計画。183カ国でLTE-Aが提供されており、86%がCAT6かそれ以上のサービスになっているという。

すでにオーストラリアのTelstraと米SprintがX16モデムを使ったギガビットLTEのデモを実施。ギガビットLTEは、1波150Mbpsの通信を、20MHz幅×3波のキャリアアグリゲーション(CA)で450Mbpsとし、変調方式256QAMの採用によって600Mbpsとしたあと、4×4 MIMOの利用で979Mbpsまで高速化されることで実現する。こうした技術をすべてサポートするのがSnapdragon 835だ。

無線LANも802.11adをサポートすることで、ギガビットクラスの通信が可能。11adは近距離の通信だが、802.11acで2×2 MIMOをサポートして600Mbpsオーバーにも対応させられる。こうしてギガビットクラスのLTE通信が汎用化したのち、無線LANがボトルネックにならないよう性能を向上させている。

●VR向け機能は「音」「サウンド」「反応」
VR向けには、より没入感を高めるために映像、サウンド、インタラクション(反応)の3点で機能を向上させた。

これには例えば、グラフィックスのレンダリングを25%向上させ、HDR 10への対応、ネイティブのDSD音源の対応、6軸のモーショントラッキングなど、さまざまな技術を組み合わせることで、人の動きに合わせて正確に景色が動き、よりリアルなサウンドがきちんと音の発生源から聞こえ、手の動きに合わせてVRコンテンツ内で動ける、といったさまざまな体験が可能になる。

○カメラ機能は認識性能や画質がアップ

カメラ機能では画像処理の信号を担うDSPが進化し、被写体の認識性能や画質の向上などが図られた。スマートフォンでもデジタルズームが使われる例が多いが、最近は2つのレンズを併用して疑似的に光学ズームを実現する機種も出てきている。こうした場面でよりスムーズにズームできるようになったという。

オートフォーカスは像面位相差AFやデュアルピクセルCMOS技術によるAF、低照度時のレーザーAFなど、複数の技術を併用してより高精度かつ高速なAFを実現した。動画向けには電子式手ブレ補正のEIS3.0を搭載したほか、ジャイロセンサーによってピッチ、ヨー、回転の各ブレを抑え、さらにローリングシャッター歪みも低減。夜景のような低照度かつ明暗差の激しいようなシーンでの色再現性の向上も図ったという。

画質評価を行うDxO Mark Mobileのテストでトップ15位のスマートフォンのうち、10製品がSnapdragonを使っている、とRoberts氏は強調。カメラ画質に関してもSnapdragonが優れているとアピールする。

●セキュリティは生体認証を強化
セキュリティ向けにはユーザー認証の強化として指紋認証だけでなく虹彩認証に対応。特にインカメラをそのまま利用する虹彩認証は高速で、写真などの誤検知も排除でき、よりセキュアな認証を可能にする、としている。

機械学習によるマルウェア対策も従来通り搭載しており、定義ファイルを使わず、ふるまい検知によってマルウェアを検出するため、新種のマルウェアにも対応できると強調した。

Snapdragonの機械学習の成果を利用する「Snapdragon Neural Processing Engine SDK」は、新たにGoogleの人工知能ライブラリ「TensorFlow」をサポートするなど、機能向上を果たした。

Snapdragon 835は、従来のSnapdragon 820シリーズの機能をさらに強化・改善するとともに、VRへの対応をさらに強化しており、単なるスマートフォン向けSoCとしてだけでなく、幅広い製品への展開を狙っている。今後、登場が見込まれる実際の搭載製品に期待が高まるところだ。

(小山安博)