3月22日にメジャーデビュー以降の楽曲をコンパイルしたメンバー5人での活動を総括するベストアルバム『5』(ファイブ)をリリースした夢みるアドレセンス。ベストアルバムの発売を記念して『ゴーゴーカレー』とのコラボキャンペーンが3月22日に開催された。

このキャンペーンは、3月22日〜23日ゴーゴーカレー池袋60階通りスタジアムのPM1:00〜PM5:55までの“ゴーゴータイム”に、夢みるアドレセンスベストアルバム『5』の通常盤の帯を店頭に持っていくと、1人つき1食が無料となる、“5”にちなんだ太っ腹企画。期間中は、夢みるアドレセンス×ゴーゴーカレーのコラボレーションポスターが掲示され、店内は夢アド一色に。

同日、東武百貨店池袋店 8F スカイデッキ広場にてリリースイベントが開催される事もあり、100人以上の夢トモ=夢みるアドレセンスのファンが大挙して詰めかけ、スタートから1時間も経たずに用意された55食が終了となった。夢みるアドレセンスのメンバーも、ゴーゴーカレーのユニフォームを着用して55分間店頭に立ち、注文の取り次ぎやカレーの配膳を行うなど、しっかり店員として働き、ベストアルバムをアピールした。

3月22日発売となったベストアルバム『5』は、2015年のメジャーデビュー曲『Bye Bye My Days』から、2017年1月にリリースした最新曲『恋のエフェクトMAGIC』『アイドルレース』まで、デビュー以降の2年間で夢みるアドレセンスが発表した、真心ブラザーズ、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、志磨遼平(ドレスコーズ)、首藤義勝(KEYTALK)、MINMI、川谷絵音、大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)、こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)をはじめとする超豪華クリエイター陣が提供した楽曲を1枚に収録した、夢みるアドレセンスの集大成とも呼べるベストアルバム。ベストアルバムの特設サイトには、MINMI、こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)からのコメントが本日公開された。

今年2017年8月には結成5周年を迎える夢みるアドレセンス。ベストアルバムをリリースし、次なるステージへと歩みを進める彼女たちから今後もますます目が離せない。