早く1勝目を!気合十分の渡邉彩香が宮崎に帰ってきた(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<アクサレディス 事前情報◇22日◇UMKカントリークラブ(6,484ヤード ・パー72)>
国内女子ツアーは九州連戦の2試合目が今週開催される。鹿児島で行われた先週の「Tポイントレディス」で途中まで優勝争いを演じながら、菊地絵理香に振り切られた渡邉彩香。今週の舞台は宮崎。ツアー初優勝を決めた「アクサレディス」に戻ってきた。

「やっぱりいいイメージは出ますし、思い出もありますね。先週は、あれだけのゴルフを絵理香さんにされたら勝てませんね。もったいないパットがあったり、修正すべき点をチェックして、今週も優勝を狙います」。
実は鹿児島では本調子ではない中、それでも優勝争いに食い込むことができた。オフには丸山茂樹の指導を受け、100ヤード以内のショートゲームに磨きをかけた。その効果も実感しており、
「パー5でバーディチャンスにつけたり、短いパー4でも寄せることができましたが、それ以外チャンスをあまりつくれませんでした」と、一定の評価は下すが、まだまだ満足できるものではない。
今回の物足りなさを倍増させている原因は明らかだ。渡邉にとって昨年は悔しい年だった。2014年、宮崎で初優勝。15年は次週の「ヤマハレディース」でツアー2勝目を挙げ、秋にも3勝目。それが昨年は未勝利に終わったからだ。
「昨年勝てなかった分を今年取り返したい気持ちは大きいです。今年はとにかく一つでも多く勝ちに行きます」。
初優勝を挙げた今大会、地元・静岡県で2勝目を果たした「ヤマハレディス」が験のいい大会なのは当然。4月に入っても「フジサンケイレディスクラシック」、「サイバーエージェントレディス」と、同じく地元の大会が続く上に、その後には、昨年勝ち損ねた公式戦、「ワールドレディス サロンパスカップ」が待ち受ける。
「思い入れのある大会が続きますので、とにかく結果にこだわっていきます」。
自らを鼓舞して、ゴールデンウイークまでエンジン全開だ!
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2年ぶり優勝目指す渡邉彩香、オフに取り組んだスイングの修正点は?
渡邉彩香、菊地の安定感に脱帽「ボギーを打つ要素がなかった」
「できるところは取り入れたい」渡邉彩香、米ツアー観戦で松山英樹らから刺激
ツアーで見つけた旬ギアネタ【T-POINT LADIES 編】
最新ドレス姿も!オフショット見るなら女子プロ写真館