SISTAR ヒョリン、ロサンゼルス&ニューヨークのクラブツアーが盛況裏に終了…韓国の歌姫の威厳見せつける

写真拡大

SISTARのヒョリンが、北米最大の音楽祭「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」に続き、ニューヨークとロサンゼルスのクラブツアーを終えた。

先日18日と19日(現地時間)、ヒョリンはアメリカのニューヨークにあるFLASH FACTORYとロサンゼルスのTHE MAYANで、初のアメリカクラブツアーを開催した。2つの都市で行われたヒョリンの公演は、2ヶ所とも全席売り切れを記録し、多くの観客と現地関係者たちで人が溢れていた。

特に、ニューヨーク公演で、アメリカの有力ラジオチャンネルiHeartRadioは「SISTARのヒョリンが、ニューヨークのFLASH FACTORYで公演している。現在、こちらの熱気は制御不可能なほど熱い(HYOLYN(from Sistar)is performing at NYC's Flash Factory and the energy here is out of control)」という内容の文と、現場の映像を掲載して関心を見せた。

今回のヒョリンのアメリカクラブツアーは、アメリカ最高の音楽専門家で構成され、Transparent Agencyを通して開催された。Transparent Agencyは「1時間、休む暇もなく繰り広げられたヒョリンのステージは、歌唱力、パフォーマンスはパーフェクトで、K-DIVA(韓国の歌姫) らしい威容を見せつけ、観客は渾然一体となって曲を合唱した」と述べた。

先日ヒョリンは、テキサス州オースティンで開催された世界最大のミュージックフェスティバル「サウス・バイ・サウスウエスト2017」の「K-POP Night out」イベントに参加した。新曲「Paradise」でスタートを切ったヒョリンは、「LOVE LIKE THIS」 「BANG BANG」などの曲で、圧倒的なパフォーマンスと歌唱力を披露した。

ヒョリンは、K-POPアーティストで初めて、世界最大のEDMレコード会社スピニン・レコード(Spinnin' Records) 社と契約を締結したことに続き、10日にはジャスティン・オ(Justin oh) とのコラボ曲「Jekyll&Hyde」で、世界最大のエレクトロニック音楽サイトBeatport Dance Top Ten Tracksでチャート7位にランクされ話題を集めた。

アメリカのクラブツアーを終えたヒョリンは、韓国内外の活動を活発に継続する予定だ。