UAE戦を翌日に控え、バヒド・ハリルホジッチ監督の公式会見が行われた

写真拡大

 23日のW杯アジア最終予選でUAEと対戦する日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は22日、UAE・アルアインのハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアムで公式会見を行った。

以下、ハリルホジッチ監督の会見要旨

●バヒド・ハリルホジッチ監督

「両チームにとって大事な試合になる。2チームとも勝ちたい。日本にとってもUAEにとっても難しい試合になる。勝つためにここに来た。簡単な仕事ではないと思っているが、しっかり準備したい」

―明日のキャプテンは?

「何人か候補はいる。(吉田)麻也かもしれ何人か可能性があるので今夜決める。選手とディスカッションして決めたいと思うが、一人だけではない。明日の試合は経験が必要になるので、何人かのキャプテンがいると思う」

―W杯に出場する可能性はどのくらいあるか?(海外メディアの質問)

「4つのチームが予選を突破する可能性がある。最後まで戦うことになると思う。最終節、その前の節でも、まだどのチームが(W杯に)行くかは分からないと思う」

―準備期間は短かったが、選手のフィジカルは満足いく状態になったか?

「本当に時間は短かった。2回のトレーニングしかない。ただ、こうやってやるしかない。この試合の重要性を選手がしっかり意識するしかない。全員で明日の試合に向けて準備するだけ」

―日本のホームではUAEに負けているが?(海外メディアの質問)

「まずは不当な審判の笛を避けたい。分かったでしょうか」

―明日の主審はイルマトフ主審だが?

「審判に関してはあまりしゃべりたくない。明日の審判のことは信頼している。UAEは素晴らしいチームなので、そこに集中したい。クオリティーを持った素晴らしいチーム。正確な笛を吹いてほしい。それだけだ。W杯に行くための決定的な試合になるかもしれないので、それをお願いしたい」

―長谷部に代わるボランチに何を求めるか?

「長谷部の不在は我々にとって不利に働くと思うが、仲間が全員で彼の穴を埋めようとしている。いる選手で集中することが大事。強い気持ち、野心と希望を持って準備しないといけない」

―ボランチ候補の山口、今野、高萩は昨年のUAE戦に出場していないが?

「一人のキャプテンに集中しているわけではない。この試合には2、3人のキャプテンがいると先ほども言った。経験のある選手もいるし、その役割を果たしてもらわないといけない。今夜何人かの選手と話をしようと思う。いろんなゾーンの選手がいる。一人がキャプテンマークを巻くとしても、チームには2、3人のキャプテンがいると思ってほしい。前と真ん中と後ろにキャプテンがいる」

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧