吉田、森重、長友をキャプテン候補に挙げたバヒド・ハリルホジッチ監督

写真拡大

 “複数キャプテン制”で緊急事態を乗り切る。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、右膝の負傷のためチームを離脱したMF長谷部誠(フランクフルト)に代わるゲームキャプテンについて「一人がキャプテンマークを巻くとしても、チームには2、3人のキャプテンがいると思ってほしい」と述べた。

 23日のW杯アジア最終予選・UAE戦(アルライン)を翌日に控えた公式会見。キャプテン不在の大一番でだれがキャプテンマークを巻くか聞かれた指揮官は「何人か候補はいる。(吉田)麻也かもしれない。森重かもしれない。(長友)佑都かもしれない」と、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF森重真人(FC東京)、DF長友佑都(インテル)の名前を挙げた。

「何人か可能性があるので今夜決める。選手とディスカッションして決めたいと思うが、一人だけではない。明日の試合は経験が必要になるので、何人かのキャプテンがいると思う」。チーム全体で長谷部の穴を埋める。ハリルホジッチ監督は「長谷部の不在は我々にとって不利に働くと思うが、仲間が全員で彼の穴を埋めようとしている。強い気持ち、野心と希望を持って準備しないといけない」と力説した。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧