都内で発表された「ラニ ハッタ」17/18年秋冬コレクション(2017年3月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ゆったりしたフィット感の控えめなデザインと、スポーティーなモノトーンのミニマリズムの融合──新進気鋭のインドネシア人デザイナー、ラニ・ハッタ(Rani Hatta)が手掛けるムスリムスタイル「ラニ ハッタ(RANI HATTA)」の独創的なコレクションだ。

 女性モデルたちはヒジャブ(イスラム教徒の女性が頭部を覆うスカーフ)の代わりに、きつめのフードの上にベースボールキャップをかぶって髪を隠し、スタイリッシュなタートルネックでランウエーを歩く。ハッタは、イスラム教の教えに忠実でありながらファッション性が高く、イスラム教徒ではない人々にも魅力的に映るスタイルを目指している。

「私はインドネシア人だから、ムスリム用の服を作る」と、ハッタは17/18年秋冬「アマゾン ファッション・ウィーク 東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」で新作を発表した後に語った。「でも私のデザインはとても普遍的なので、誰でも着ることができる」

 ハッタのコンテンポラリーなスタイルを象徴しているのが、彼女のデザインを特徴づける直線的なカッティングと、トップスに施された赤く太いひもだ。ブラックやホワイト、グレーがほとんどの彼女のコレクションの中で、この巨大な縫い目のようなひもは目を引く。

 素材には主に綿とポリエステル、不織布を使い、伝統的なムスリムファッションとは一線を画しつつも、ルーズフィットなパンツとロングベストで控えめなスタイルを保っている。

 ハッタは、宗教的な制限のためにおしゃれができないことはないと語る。彼女によれば、特にインドネシアの若いムスリムたちは、流行のファッションを試しながらも、信仰を守れる道を模索しているという。

「控えめな服でも、とても格好良くて普遍的なスタイルになれることを世界に示したい」とハッタは言う。「私の国では、若い世代がヒジャブは時代遅れだと考え、かぶりたがらない。だから、彼らがヒジャブの着用を誇りと思えるようなものをデザインした」

 世界のムスリムファッション市場は急成長しており、イタリアの「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」や日本の「ユニクロ(UNIQLO)」など国際的なブランドがイスラム教徒向けの製品を販売している。ユニクロは、2015年に英国生まれのデザイナー、ハナ・タジマ(HANA TAJIMA)とムスリム女性をターゲットにしたラインを作り、イスラム教の断食月で買い物客も増える「ラマダン(Ramadan)」の時期を狙って売り出した。

 インドネシアのムスリムファッションは、目もと以外をすべて覆うニカブを着用する女性が多いサウジアラビアなど、一部の湾岸諸国とは大きく異なる。米世論調査機関ピュー・ リサーチ・センター(Pew Research Center)によると、世界人口におけるイスラム教徒の割合は、2050年までに30%近くになる。そうした中、インドネシアはその「控えめな装い」のトレンドで世界のファッションをリードすることを目指している。

「インドネシアの人口は2億5000万人で、70〜80%がムスリムだ」と、「ジャカルタ・ファッションウィーク(Jakarta Fashion Week)」のディレクターを務めるレンニ・テジャ(Lenni Tedja)氏は言う。「控えめなファッションは今、とてもクリエーティブで、ファッショナブルでスタイリッシュになっている。だから、より多くの若者たちが控えめなウエアを着るようになっている」

 テジャ氏は、インドネシアのファッション業界はムスリム以外の消費者にも目を向けていると語る。「私たちの控えめなファッションは、非ムスリムでも着ることができる。だから実のところ、市場の幅はかなり広い」
【翻訳編集】AFPBB News