写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、顧客のデジタルビジネスを推進するIoT領域のシステム構築事業として、高速開発ツール「Web Performer(ウェブパフォーマ)」を中核に、IoTの有用性を評価・検証し、企業のIoT導入を支援するIoT向けPoC(Proof of Concept:概念実証)サービスの提供を2017年3月下旬より開始すると発表した。

企業のIoT導入において、興味はあるが、具体的にどういったことができるかわからない。コスト対効果がどの程度あるのか分からない、といった課題があり、やってみたいが、どうしたらよいか、といった状態となっている企業はビジネスのデジタル化が進展する近年、増加傾向にある。今回、同社が提供するPoCサービスは、センサ選びからデータの収集、データの蓄積環境、データの分析など、企業におけるIoTの評価・検証・本格導入を総合的にプロデュースするもので、国内外のIoT関連ソリューションパートナーと連携する形で顧客に提案が行われるものとなるという。

具体的には、センサやゲートウェイの探索・検証、IoTプラットフォーム(クラウドサービス)の適切な選定および導入支援、顧客のテーマを踏まえたPoCの計画立案からプロトタイプの開発までワンストップで提供しようというもので、現時点のパートナーとしては、センサおよび無線センサノードの提供にロームが、IoTゲートウェイにアットマークテクノが、IoTプラットフォーム(クラウドサービス)にマイクロテクノロジーがそれぞれ名を連ねている。また同社では、同サービスに加え、アジャイル開発をベースとした「共創型開発」を推進する高速開発支援サービスなどをマーケットに対して提案しながら、Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」の拡販を目指すとしている。

なお同サービスの価格は100万円(税別)から、となっており、同社では、IoT向けPoCサービスを2020年までに累計100社に導入していく計画で、Web Performerを中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指すとしている。

(小林行雄)