「逆賊」ユン・ギュンサン、チェ・スビンについに告白

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「君を傷つけたくない」

21日に韓国で放送されたMBC月火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第16話で、ホン・ギルドン(ユン・ギュンサン) が長い間にわたり隠してきた本当の気持ちを告白し、ガリョン(チェ・スビン) との関係を急発展させた。

ギルドンはコンファ(イ・ハニ) が好きだと思いながらも、諦めることなくギルドンだけを一途に想ってきたガリョンと、そんなガリョンを黙って見守るギルドンの恋が叶うことを数多くの視聴者が応援していた。この日の放送は、その切実さを全て満たすに十分なほど、甘いムードを見せた。

「私はお兄さまが好きです」と震えながらもきちんとした声で告白するガリョンに、ギルドンは「君は俺にとって女じゃない」とし根気強くふるまった。

ガリョンをごろつきの女にしたくなくて、自身の心を努めて抑えてきたギルドンが本音を吐き出して涙を流してキスしたが、してはならないことをしてしまったかのように驚いて唇を離す姿は、不慣れでさらに純粋な彼の心を見せた。

だが、先立ってギルドンを敵と考えているモリ(キム・ジョンヒョン) が、ガリョンがギルドンの女であることを知ったうえに、ホン・ギルドン師団ならば歯ぎしりするチュンウォン群が再起に成功したので、彼らの幸せの行方がよりいっそう不安になった。