キム・ヒソン&キム・ソナ主演ドラマ「品位のある彼女」6月中旬の編成を確定…「マンツーマン」の後番組として放送予定

写真拡大

JTBCが「品位のある彼女」を金土ドラマの新しいラインナップとして編成を確定した。

22日、JTBCは「『品位のある彼女』を『マンツーマン』の後番組として6月中旬、夜11時にJTBCの金土ドラマの時間帯に放送する」と明かした。

「品位のある彼女」は、上流社会の贅沢な人生を生きていた女性が舅の没落と夫の裏切りによって人生のどん底に陥って繰り広げられるストーリーを描くドラマだ。上流社会の素顔と上流社会の仲間入りをするために奮闘する人のストーリーも描く。コミカルで愉快な語り口、華やかなイメージで見る楽しさを与え、その中でほろ苦い現実の裏を描くという計画だ。

本作はデビュー作「愛するウンドン」、そして視聴率10%(ニールセン・コリア、首都圏有料世帯基準) を突破した話題作「力の強い女ト・ボンスン」などの作品でJTBCと共にしてきているペク・ミギョン脚本家の新作だ。

ペク・ミギョン作家がJTBCとの義理を守ったことが今回の編成に影響したというのが制作人の話だ。これまでJTBCとペク・ミギョン作家が作り出した相乗効果が大きかっただけに、「品位のある彼女」がどんな成果を出すか期待が高まっている。

演出は「私の名前はキム・サムスン」「私たち愛することができるかな?」「私たち結婚できるかな?」などの秀作を作り上げたキム・ユンチョルプロデューサーが担当する。

さらにキャストは超豪華だ。キム・ヒソンとキム・ソナが主演を務め、チョン・サンフン、イ・ギウ、キム・ヨンゴン、イ・テイム、イ・ヒジンなど、注目度の高い俳優らが出演し関心が集中している。

「品位のある彼女」は事前制作ドラマで、すでに撮影を終えた。編成が決まっただけに、ポストプロダクションまで万全を期して完成度を高めるというのは制作人の抱負だ。