21日、中国人民銀行(中央銀行)が国内50都市の2万人を対象に行った調査によると、今年第1四半期の住宅価格について「高すぎて受け入れられない」と答えた人の割合は52.2%に上った。資料写真。

写真拡大

2017年3月21日、中国人民銀行(中央銀行)が国内50都市の2万人を対象に行った調査によると、今年第1四半期の住宅価格について「高すぎて受け入れられない」と答えた人の割合は52.2%に上った。米自由アジア放送(RFA)の中国語ニュースサイトが伝えた。

「受け入れられる」は42.9%、「満足している」は4.9%だった。

第2四半期の住宅価格については、27.2%が「上昇する」と答えた。「基本的に変わらない」は49.6%だった。

3カ月以内に住宅購入のための行動を起こすつもりだと答えた人の割合は22.9%で、昨年第4四半期から2.8ポイント上昇した。(翻訳・編集/柳川)