日産の軽自動車といえば、スズキからOEMを受けた時代の「モコ」や、三菱自動車のJVであるNMKVが企画した「デイズ」などを思い浮かべるでしょうが、完全に日産独自に作り上げた軽自動車が20世紀に存在していました。

それが2000年2月にデビューした「ハイパーミニ」。アルミ製フレームにバッテリーとモーターを搭載した後輪駆動のEV(電気自動車)です。

2シーターのシティコミューター的なキャラクターの日産ハイパーミニは、れっきとした市販車。カーシェアリング的サービスも展開されていましたが、リース限定ではなく一般ユーザーの手に渡った電気自動車です。

全長は2665mmと軽自動車規格よりもずっとコンパクト。前後14インチのタイヤですが、フロント145幅、リヤ165幅となっていたのは後輪駆動ゆえ。インパネ中央にデジタルメーターを配したコクピットはシンプルで機能性を感じさせる内外装となっていました。

モーターの最高出力は24kWで、航続可能距離は115km。駆動用バッテリーを搭載しているためエンジン車より重量増となりそうなものですが、ランフラットタイヤを採用することでスペアタイヤを省くなどして840kgに抑えていたのも注目されました。

当時の価格は400万円〜401万5000円。充電器とセット販売だったというのは時代を感じさせます。

(山本晋也)

【覚えてますcar】20世紀に生まれた日産オリジナルの軽自動車「ハイパーミニ」の正体は市販EVだった(http://clicccar.com/2017/03/22/456266/)