「東京シティ競馬」、レストランをリニューアル! 本格的な料理と豪華な内装に注目

写真拡大

競馬場とえいば、新聞紙を持った男性がレースに向かって叫ぶ姿が印象的で、女性が気軽に行けない雰囲気がありますよね。しかし、女性でも入りやすい競馬場があるのをご存知ですか? 東京シティ競馬(TCK)は、恒例のナイター競馬「トゥインクルレース」を4月17日(月)の開幕に伴い、施設内にある競馬観戦型レストラン「ダイアモンドターン」をリニューアル。本格的な料理を味わいながら、レース観戦できるということで、一足先に編集部が遊びに行ってきました。

■競馬観戦型レストラン「ダイアモンドターン」って?

競馬観戦型「ダイアモンドターン」は、本格的な料理をブッフェ・スタイルで楽しめるレストランです。競馬場のレストランといえば、ラーメンやカレーなど、定食のイメージが強いですが、今回のリニューアルで、最高級のVIPルームを新設し、食事や内装をグレードアップ。フレンチの名店「クイーン・アリス」のシェフが監修した本格的なブッフェ・メニューを楽しみながら、1日中白熱したレースを優雅に楽しむことができます。

サラダやフルーツが充実していて、食事に気をつかう人にもオススメ。

さらに、肉汁がしたたる贅沢なローストビーフが食べ放題なのもうれしいポイントです。席は、カップルシートやグループシート、特別メニューを味わえるコンパートメントルームなど、用途に合わせて使えます。また、全席にモニターを設置し、レストラン内に馬券発券機もあるので、レースの予想や馬券購入も快適。競馬場とは思えないような空間の中で優雅にレースを堪能できるので、女子会やデートにもピッタリです。

■これからの女子会は競馬場で決まり!

今後は、世界中のスパークリングワインを集めた「スパークリングフェス」や、タイフードとビールを味わえるだけでなく、さまざまな種類のカキ氷を楽しめるフェス「タイフード&カキ氷フェス」を開催。新しい女子会のスポットとして、ぜひ競馬場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

(マイナビウーマン編集部)