放送終了「被告人」チソン vs オム・ギジュン、運命の結末は?

写真拡大 (全2枚)

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
2人の被告人の運命が変わり、勧善懲悪(善事を勧め、悪事を懲らすこと) のエンディングを迎えた。

21日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「被告人」(脚本:チェ・スジン、チェ・チャンファン、演出:チョ・ヨングァン、チョン・ドンユン) 最終回では、被告人だったが検事に復帰したパク・ジョンウ(チソン) が、反対に被告人となったチャ・ミンホ(オム・ギジュン) に死刑を下すシーンが描かれた。

それぞれの理由でウォルハ洞(ドン) 殺人事件について沈黙してきた彼らが、少しずつ自供し始め、事件の捜査は急流に乗り始めた。

最初はチャ・ソンホの妻だったナ・ヨニ(オム・ヒョンギョン) からだった。ナ・ヨニは、チャ・ミンホが一緒に海外に行こうと言ったことをパク・ジョンウに密かに耳打ちし、パク・ジョンウがチャ・ミンホを被告人として呼んで立たせた法廷にも、証人として出頭した。

二番目は、カン・ジュンヒョク検事(オ・チャンソク) だった。カン・ジュンヒョクは、パク・ジョンウにウォルハ洞殺人事件が起こった夜、自分も現場にいたことを告白した。彼は、UN協力官の座に欲が出たのも事実だと打ち明け、重要な証拠資料として使われる録音ペンとユン・ジス(ソン・ヨウン) の声が録音された魚のぬいぐるみを渡した。それは、あの夜、カン・ジュンヒョクが娘ハヨンにプレゼントで準備したそのぬいぐるみだった。

主な証拠資料を入手したパク・ジョンウは、再びチャ・ミンホと会い、「ユン・ジスさんの殺害容疑を認めますか?」と尋ねた。2度尋ねたが、チャ・ミンホは「それはイ・ソンギュ(キム・ミンソク) が真犯人だと結論付けられた事件であり、自分はユン・ジスが誰だか知らない」と、最後まで言い逃れた。

結局、パク・ジョンウは法廷で、自殺したと伝えられていたチャ・ソンホが、実はチャ・ミンホであることを明らかにした。窮地に追い込まれたチャ・ミンホは、弁護士の助言のとおり精神病があるかのように装った。

最後の法廷で、キム・ソク(オ・スンフン) が先に証人として立ち、チャ・ミンホのイ・ソンギュ殺人を証言した。キム・ソクは「イ・ソンギュだけ殺せばすべて闇に葬られるから、イ・ソンギュを殺せと言った。またチャ・ミンホは、パク・ジョンウ検事の家の台所から包丁を持ち出して、ユン・ジスを2度刺した」と証言すると、チャ・ミンホは「ごめんなさい、お父さん」と精神病を患っているかのように演技した。

精神病患者のように装っていたチャ・ミンホは、ナ・ヨニの証言で最終的に崩れた。ナ・ヨニはパク・ジョンウに「チャ・ミンホさんがソンホさんとなって家に来た。その日、チャ・ミンホさんだということが分かった」と打ち明けた。

これまで事実を隠してきた理由については、「可哀相た」と述べた。理由は、チャ・ミンホを愛していたからだと説明した。ナ・ヨニは最後にチャ・ミンホを見て、「あなたは良い父親です。もう辞めましょう、お願いだから。ソンホさんとして生きるの大変だったでしょう。私たち、罪の代価を払いましょう」と語った。チャ・ミンホは結局、「私が殺したチャ・ソンホは、ウンスの父親じゃないか!」と述べ、自分はチャ・ソンホではないことを明らかにした。

パク・ジョンウはチャ・ミンホに殺人、殺人教唆と殺人教唆未遂の疑いで死刑を求刑した。チャ・ミンホは、パク・ジョンウが“死刑囚3866”だった刑務所の部屋で死んだ父親の亡霊に苦しめられ、愛していたナ・ヨニにも永遠に会えなくなる身となった。

チャ・ミンホを除く者達は、ハッピーエンドを迎えた。パク・ジョンウと一緒に牢屋にいた“牢屋ブラザーズ”は、全員刑務所から出て、それぞれが生きる道を見つけ幸せとなり、パク・ジョンウも再会できたハヨンと幸せな日を過ごした。

「被告人」の最終回の最後のシーンは、不条理な現実に立ち向かう真の“正義の味方”パク・ジョンウ検事の姿で飾られた。パク・ジョンウは捜査官に、「私たちは、上の方々が手を出すなという人のみを捕まえれば良いのです。準備できましたか?」と述べ、捜査を妨げる妨害人物(イ・シオン) に堂々と「ソウル中央地検特捜部、パク・ジョンウ検事です」と検事証明書を手にしたまま立ちはだかった。世界のあらゆる不条理や胸のつっかえそうな現実もモノともしないというウィンクと共に。