アン・ジェホン&ソン・ハユン、新ドラマ「サム、マイウェイ」への出演確定…パク・ソジュン&キム・ジウォンと共演

写真拡大

俳優アン・ジェホンとソン・ハユンが、KBS 2TV新月火ドラマ「サム、マイウェイ」(脚本:イム・サンチュン、演出:イ・ナジョン) の出演を確定した。

「サム、マイウェイ」を通じてKBSドラマに進出することになったアン・ジェホンは、ホームショッピング会社の代理のキム・ジュマン役を演じる。6年間、恋人のサポートのおかげで会社員になった。

「就職したら。位置を固めたら。家を買ったら」という言い訳で結婚を延期する中、会社の新人社員イェジンがアプローチしてくる。しかし彼女は、韓国屈指の豚足チェーン店を持っている豊かな家庭の娘だ。ジュマンは糟糠の妻のようなソルヒを捨てて、金持ちのイェジンを取るだろう。

「いとしのクム・サウォル」以来、約1年ぶりにドラマにカムバックするソン・ハユンが演じるジュマンの恋人ペク・ソルヒは、ホームショッピング会社の契約社員だ。彼女にとって恋人ジュマンは、特に優れた点もなく、長男なうえに女の兄弟が二人もいる最悪の条件だが、最高の男だ。彼が正社員になったことも誇らしい。ジュマンが苦労して稼いだお金が大事で、プレゼントを要請したこともなく、ジュマンが恥ずかしく思っていることも知らず、ケチになっていく。しかしジュマンが自身ではなく、他の女性に揺れていることに気付く。

ジュマンが自身の前に訪れたチャンスを取り「青春の罠」のイ・ジョンウォンになるのか、ソルヒはそのようなジュマンを見てどんな将来を選択することになるのか、2017年の若者たちの現実ロマンスをどういう風に描いていくのかが、ジュマンとソルヒカップルの観賞ポイントだ。映画「足球王」「偉大な願い」、ドラマ「応答せよ1988」などで若者たちの現実を代弁し、人気俳優として位置を固めたアン・ジェホンと、ドラマ「いとしのクム・サウォル」「ファントム」、映画「提報者〜ES細胞捏造事件〜」など多数の作品に出演し、着実に演技実力を築いてきたソン・ハユンの新鮮な組合が早くから期待を集めている理由だ。

ここにジュマンは親友ドンマン(パク・ソジュン) と“マンマンブロマンス”を、ソルヒは親友エラ(キム・ジウォン) と“女らしさ vs ガールクラッシュ”という相反した魅力の“ラヒウーマンス(Womance、WomanとRomanceの合成語)”をアピールし、義理で一つになった4人の若者たちが繰り広げる成長期を披露する予定だ。またそれぞれ違う現実ロマンスで、劇的な面白さと共感ポイントを加える予定だ。

「サム、マイウェイ」は、世の中に求められるスペックが足りないために、マイナーな人生を強要される現実の中でも“マイウェイ”を進もうとする若者たちの成長ロマンスを描くドラマだ。