↑サーファーに限らず、さまざまな日焼けしたキャラクターのキーホルダー

写真拡大

お久しぶりです。平成元年あたりのカルチャーを発掘調査している山下メロと申します。80年代とも90年代とも違うその時代を、平成レトロとして愛好しております。

当連載では、80年代から平成初期に流行した「ファンシー絵みやげ」から、当時の流行を紹介していきたいと思います。「ファンシー絵みやげ」とは80年代からバブル経済期〜崩壊を挟んで90年代まで、日本の観光地で若者向けに売られていた、かわいいイラストが印刷された雑貨みやげのことです。「ファンシー絵みやげ」については、連載第一回をご覧ください。

〜この記事の完全版(すべての画像付き)を見る〜

■ 波の数だけ抱きしめて

『私をスキーに連れてって』、『彼女が水着にきがえたら』と記事公開日にホイチョイ三部作が放映されてきましたが、とうとうバブル経済期におけるホイチョイ・プロダクション原作映画の最終作、中山美穂さん主演で1991年に公開された『波の数だけ抱きしめて』の放映です。今回も記事公開日の2017年3月17日にチャンネルNECOで放映されるのです。ホイチョイ三部作に頼り切りと心配されるこの連載も、この卒業シーズンに巣立ちの時を迎えます。

前作に引き続き、舞台は神奈川県の相模湾。1982年の湘南は茅ヶ崎のミニFM局を運営する若者たちを描いています。こちらの映画ではマリンスポーツの中でもサーフィンが多く取り上げられているため、前回の連載でお伝えしきれなかったサーフィンについて紹介します。

■ サーフィンのはじまりとサーフロック

まずサーフィンに関して具体的に見てくことにします。ボードを使って波に乗るという、単純な道具で行えるスポーツであるため、かなり古くから各地で興じられていたとされます。また、近代的なサーフィンはハワイからカリフォルニアへと伝わっていったとされ、日本では、『ハワイの若大将』のほか、船やヨットのイメージも強い加山雄三さんが1960年代中頃に始めたのが最初期といわれています。

さらにベンチャーズやビーチボーイズなど、サーフサウンドを売りにしたバンドが人気となり、日本ではエレキブームが巻き起こりました。レジャーとしてのサーフィンのブームではなく、カリフォルニアやハワイのイメージとサウンド、エレキギターのカッコよさが先行していったのです。

ここまではサーフィンを楽しむのは一部のサーファーだけで、音楽を通してそのイメージを共有しているに過ぎない状況でした。しかし、1970年代末期からサーフィンは若者の間に文化として浸透していくのです。

■ ファッションとしてのサーフィン

私はスキーウェアを愛用していますが保護活動以外で雪山やスキー場へは行きませんので「陸スキーヤー(おかスキーヤー)」を自称しています。この元ネタが「陸サーファー(おかサーファー)」です。海には入らず、サーフィンをしないけれどサーファーのようなファッションをしている人を指します。具体的には日焼けしていて、アロハシャツやTシャツにショートパンツ、ビーチサンダルにサングラスといった「サーファーの普段着」です。

中にはサーフボードも所有していて、車の上に乗せているのに陸サーファーという例まであります。フォルクスワーゲンのタイプ1、通称ビートルの屋根にサーフボードを乗せるというのは一種の固定化されたイメージでした。前述の『波の数だけ抱きしめて』でも、同じくフォルクスワーゲンのビートルカブリオレが登場します。陸サーファーの中には、車の屋根にある取り外すことのないサーフボードに穴を開け、飾りとしてガッチリ固定してしまうほどの人もいたようです。

あくまで陸サーファーというのは、私のように自虐的に自称する場合を除けば、純然たるサーファー側からの蔑称ですので、一般的にはサーフファッションの人と呼ぶべきでしょう。まず1970年代の後半ごろからアメリカ西海岸のスタイルが登場し、1970年代末から1980年代初期にファッション誌やスポーツショップを中心に、サーフブランドとサーファーのスタイルが紹介され、タウンユースで浸透していきました。スポーツという感覚が強かったサーフィンは、ファッション化したことで敷居も下がり、好景気の波も受けて人口を増やしていったのです。まさにファンシー絵みやげが登場した1970年代末期〜1980年代と重なります。

■ 日焼けしたサーファンシー

ファンシー絵みやげのメインターゲットである子供はサーフィンをあまりしません。そして、ビーチに集う大勢の若者の中にサーフィンをする人も増えたでしょうが、大半はサーフファッションをしていようとも海水浴客だったと考えられます。しかし、単に海パンだけはいて海辺に立つ海水浴客をキャラクターにしても特徴に乏しく、それを補う意味でサーフボードを持たせたのではないでしょうか。それがファンシー絵みやげにサーフィンのモチーフが多い理由だと私は考えます。

やたらとサーファーは真っ黒に日焼けしているので、それをさらに紹介しましょう。

当時、真っ黒に日焼けすることがいかに重要だったかが分かりますね。日焼け以外でも1980年にデビューしたシャネルズ(後にラッツ&スターに改名)も顔に靴墨を塗っていましたし、1985年12月に発行された活人という雑誌の創刊号では、アイドルの小泉今日子さんが全身を黒く塗った姿で表紙を飾っていました。

こうしてみますと、いかにサーフィンが人口を増やしつつもイメージだけが一般化し、ファッションとして消費されていたことが分かります。それはファンシー絵みやげにおいても同様で、実際にサーフィンをしない人がサーフィンキャラクターのファンシー絵みやげをたくさん買ったのでしょう。もはや自分がサーフィンをするかどうか、サーフィンが好きかどうかは関係なく、一種の夏の風物詩、海のアイコンとして定着していたことがよく分かりました。

■ 保護のお願い

私は全国の観光地で保護活動を行っていますが、現地から消滅したファンシー絵みやげについては、皆様の家に残されたものが頼りです。もしご実家などの学習机の引き出しの中に眠っているものなどが見つかりましたら、是非ともご一報ください。ハッシュタグ #ファンシー絵みやげ での報告も待ってます。

ではまた次回。

(文と写真:山下メロ“院長”)

■ イベントのお知らせ

3月30日(木)の夜に阿佐ヶ谷ロフトAで、旅するイラストレーター キン・シオタニさんのイベントにゲスト出演いたします。TVKの街歩き番組「キンシオ」でもおなじみのキンさんと、ともに全国を旅する2人がどんなトークをするのかお楽しみに!

キン・シオタニpresents「描き語り33」

OPEN 18:30 / START 19:30
前売¥2,100 / 当日¥2,600(共に飲食代別)
前売はローソンチケット【Lコード:76512】から
【出演】キン・シオタニ
【ゲスト】山下メロ院長(ファンシー絵みやげ研究家)

旅するイラストレーター、キン・シオタニのトーク&パフォーマンスライブ。
今回は、1980年代に国内の観光地にあふれていたファンシーイラストのおみやげ「ファンシー絵みやげ」を収集している山下メロ院長がゲストです。ドローイング・シアターも、もちろんあります。