【詳細】他の写真はこちら

イベントはなかったけど、サプライズはありました。

アップルは3月21日、公式ホームページにて新型の『iPad』や『iPhone 7 Special Edition』、『iPhone SE』の大容量モデル、『iPhone 7/7 Plus用の新型ケース』『Apple Watch用の新バンド』、ビデオアプリ『Clips』を発表しました。

9.7インチ「iPad」に廉価版を追加





まずは9.7インチディスプレイを搭載した『iPad』。サイズ的には『9.7インチiPad Pro』とほぼ一緒なのですが、スペックと価格を抑えたモデルとなります。プロセッサには64ビットの「A9チップ」を搭載し、「Touch ID」にて指紋認証によるロック解除やコンテンツ購入が可能。背面には800万画素カメラ、フロントはFaceTime HDカメラを搭載し、バッテリーの駆動時間は10時間です。

『iPad』はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色が登場し、Wi-Fi/32GBモデルは3万7800円(税別)で、Cellular/32GBモデルは5万2800円(税別)。Wi-Fi/128GBモデルは4万8800円(税別)で、Cellular/128GBモデルは6万3800円(税別)。3月25日午前0時01分から注文可能です。

真っ赤に燃える赤!な『(PRODUCT)RED iPhone 7 Special Edition』





そしてこちらは、見た目のインパクト大な『(PRODUCT)RED iPhone 7 Special Edition』。「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」への寄付プログラム「Product RED」とコラボしたモデルで、その名のとおり背面が真っ赤にカラーリングされています。

こちらはiPhone 7の128GBモデルが8万3800円(税別)、256GBモデルが9万4800円。iPhone 7 Plusの128GBモデルが9万6800円(税別)、256GBモデルが10万7800円。全モデルが3月25日午前0時01分(日本時間)から注文可能です。

『iPhone SE』には32GB/128GBモデルが登場





4インチディスプレイを搭載した手頃な『iPhone SE』では、従来の容量モデルを廃止し新たに32GBモデルと128GBモデルが登場。それぞれの価格は4万4800円(税別)と5万5800円(税別)となります。

iPhoneケースにも春の装い





さらに、iPhone 7/7 Plus用のレザーケースにはベリー、サファイア、トープ(各5200円/5800円:税別)、シリコーンケースにはカメリア、ペブル、アジュール(各3800円/4200円:税別)、そしてiPhone SE用のレザーケースにはサドルブラウン(4200円:税別)が登場しています。

『Apple Watch』には新バンドがザクザク





『Apple Watch』でも、スポーツバンドに3色(5800円:税別)、Nikeスポーツバンドに3色(5800円:税別)、ウーブンナイロンに6色(5800円:税別)、レザーに7色(1万5800円:税別)、Hermèsレザーに6色(3万9800円〜7万4800円:税別)の新モデルが登場です。

シェアのためのビデオアプリ「Clips」





iOS向けアプリ「Clips」では、ライブラリや撮影した動画に話すだけでキャプションをつけたり、さまざまな絵文字や吹き出しを追加し、矢印を重ねたりするなどの編集が可能。そしてTwitterやInstagram、Facebook、YouTubeなどのSNSアプリを使って、見せたい相手に素早くビデオを共有することが可能です。こちらは間もなくアプリが登場します。

文/塚本直樹

関連サイト



アップル(『iPad』製品ページ)

アップル(『iPhone 7 Special Edition』製品ページ)

アップル(『iPhone SE』製品ページ)

アップル(『iPhone用純正ケース』製品ページ)

アップル(『Apple Watch用バンド』製品ページ)

アップル(『Clips』情報ページ)

関連記事



手作りピコピコ。ダンボール製キーボードキットでiPadがシンセに変身!

iPhone/iPadが『Nintendo Switch』になる(!?)コントローラー『GAME VICE』

iPadっぽい!? MacBook Airをタッチ操作対応にする『AirBar』が出現