写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スイスのバーゼルで開幕したウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、カシオ計算機は、「Elegance, Technology」をコンセプトにしたメタルウオッチ「OCEANUS」の限定モデル「Summer Limited OCW-G2000C」を発表した。世界限定1,500本で、発売時期と価格は未定。

今回のOCW-G2000C限定モデルは、日本のものづくり技術による上質な仕上げと、世界のどこでも常に正確な時刻をきざむ機能性を両立。まずデザイン面では、サファイア素材とチタン素材を高度な技術で融合させたベゼルに、新開発のグラデーションスパッタリング技術を適用させた。

陶磁器を焼くときに、器の縁や底に釉薬(ゆうやく、うわぐすり)が流れて溜まる様子「釉溜まり」を表現している。釉溜まりに現れる色の変化、すなわち「うつろいの美」を、グラデーションスパッタリングによる「青」(OCEANUSブルー)の透明感と色調で具現化させた。また、12時位置と6時位置のインダイアルには、青くカラーリングした白蝶貝を、4時位置の小窓からのぞくディスク部分には青のスパッタリングを施している。

機能面では、2017年3月に正式発表された「Connected エンジン 3-way」を搭載。GPS電波、標準電波、インターネット上のタイムサーバーという「3way」によって、世界のどこにいても正しい時刻を取得できる。

タイムサーバーに関しては、スマートフォンのインターネットアクセスを利用。MRG-G2000HTとスマートフォンがBluetooth Low Energyでつながり、スマートフォンを介して正しい時刻を時計にフィードバックする仕組みだ。さらなる特徴として、最新のタイムゾーンやサマータイムの情報もインターネットから取得し、時計の内蔵データを書き換える。これにより、時計の内蔵データを常に最新の状態に保つ。

時計の駆動はソーラー充電のタフソーラー仕様で、防水性能は10気圧。ケースサイズはW51.1×D46.1×13.7mm、重量は約103g。