「ワンステップ」監督、元2NE1のDARAを絶賛…“一緒に仕事をした女優のうち最高の新人”

写真拡大

映画「ワンステップ」のチョン・ジェホン監督が2NE1のDARAを賞賛した。

チョン・ジェホン監督は21日午後、ソウルロッテシネマ建大入口(コンデイック) 店で開催された映画「ワンステップ」のマスコミ向け試写会に出席し、「僕が仕事をした新人の中で最高の女優だ」と賞賛した。

チョン・ジェホン監督は、初めての映画デビュー作で主演を務めたDARAについて「2NE1という歌手活動もしたが、セリフを完璧に覚えていたし、すごく驚いたのはNGがほとんんどなかった。一度くらいあったと思う。カメラ1台で撮ったため、いつもフルショットのクローズアップで撮なければならなかったが、それを新人俳優がやるのはすごく難しいことだ。個人的には歌手よりは女優活動をしてほしいと思っている」とし、DARAを賞賛した。

演技力も素晴らしいと賞賛を惜しまなかった。チョン監督は「新人もベテラン俳優も、映画の主演を務めるのは容易ではない。幸いだったのはハン・ジェソクが上手くリードしてくれた。『豊山犬』のときのユン・ゲサンをたくさん思い出した。ユン・ゲサンのように演技に対する乾きが大きかった。作業しながらすごく楽しかった」と話した。

映画「ワンステップ」は事故ですべての記憶を失ったシヒョン(DARA) とスランプのため自身の人生のすべてだった作曲ができなくなったジイル(ハン・ジェソク) が出会い、音楽を通じて交流しながら成長していく過程を描いた映画だ。韓国で4月6日に公開される予定だ。