ついに最終シーズンへ! - 「12モンキーズ」より
 - Kurt Iswarlenko / Syfy / NBCU Photo Bank via Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「12モンキーズ」の第4シーズンが決まり、同時に最終シーズンとなることを米Syfy局が発表した。

 「12モンキーズ」は、鬼才テリー・ギリアムが監督し、ブルース・ウィリスとブラッド・ピットが共演した同名SF映画をドラマ化した人気シリーズ。2043年、未知のウイルスによる人類滅亡の危機を救うため、一人の男が過去に送り込まれるという壮大なストーリーとなっている。

 The Hollywood Reporter によると、同局は10エピソードの第3シーズンを5月19日から21日の3日間にわたってアメリカで一気に放送することも発表。初日に4エピソードを放送し、残り2日間は3エピソードずつ放送するという。

 「テリー・マタラス(クリエイター)と素晴らしいキャストとスタッフのおかげで、『12モンキーズ』には献身的で熱狂的なファンが多くいます。ずっと応援してくれた彼らのために、第3シーズンを一気見する機会を与えられることをうれしく思います。テリーがこの素晴らしい物語の最終章でわれわれをどこへ連れて行ってくれるのかを見るのが楽しみです」とNBCユニバーサル・ケーブル・エンターテインメントのジェフ・ワチテルはコメント。第4シーズンは2018年に放送予定で10エピソードが予定されている。(澤田理沙)