写真提供:マイナビニュース

写真拡大

清水建設と国際航業は共同で、建設現場における作業関係者間のコミュニケーション効率の向上を目的に、GPS電波が届かず、人やモノのロケーションも日々変化する建設現場に対応した位置情報取得技術を確立し、位置情報を基盤とした現場情報共有システムを開発したと発表した。

このシステムの特徴は、現場内に設置した測位インフラから現場作業者の位置情報を取得し、作業者がその場所で必要とする施工管理情報をスマート端末にプッシュ配信するもの。

現場情報共有システムは、BLEビーコンを利用した屋内測位インフラ、位置情報に紐づいた施工管理情報データベース、専用アプリケーションソフトで構成する。

現場作業者が専用アプリを導入したスマート端末を携行し、ビーコンの設置場所に近づくと、ビーコン電波から位置情報を取得し、その場所に紐づけられた指示・伝達事項や最新の図面・写真データ等をスマート端末にプッシュ配信する。

また、作業者の位置情報はアプリの現場内マップ上で確認でき、施工管理者からの指示伝達等を、作業者の居場所を踏まえて効率的に行うことが可能になるという

(丸山篤)