「ロボホン」

京浜急行電鉄株式会社、シャープ株式会社、株式会社ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズ株式会社は22日、シャープのスマホ内蔵ロボット「ロボホン」を活用し、訪日外国人観光客向けのサービスとして、日本初の多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボットレンタルサービスを開始すると発表した。

 

ロボホンは、日本語・英語・中国語に対応したコミュニケーションロボット。日本を訪れた外国人観光客に対し、「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」で貸し出し、位置情報を利用した「ロボてなし」アプリによるおすすめスポット紹介や会話・アクションでのコミュニケーション、ロボホンでの写真撮影などで日本文化を楽しんでもらう。

 

メインターゲットは訪日外国人観光客だが、日本人観光客にもレンタルは対応し、購入のきっかけにして欲しいとしている。

 

サービスの提供開始日は4月25日からで、レンタル料金は24時間(1泊2日可)1500円・48時間(2泊3日可)3000円・72時間(3泊4日可)4000円・以降12時間毎500円(各税別)。

 

また、サービスを提供する「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」では、「プラRoBoHoN(フルスケールアクションフィギュア) 」2800円(税別)・「ペーパークラフト(帽子・赤色旗)」 ・「シール(耳&制服デザイン前掛けセット)」価格未定のロボホン関連グッズの販売も行う。

「プラRoBoHoN(フルスケールアクションフィギュア) 」2800円(税別)

「ペーパークラフト(帽子・赤色旗)」
「シール(耳&制服デザイン前掛けセット)」
各価格未定

発表資料

URL:http://www.keikyu.co.jp/company/news/2016/20170322HP_16232TK.html

2017/03/22