クァク・シヤン&キョン・スジン、30秒の超ミニドラマ「2TVスナック」に出演…新感覚ドラマに関心集中

写真拡大

俳優クァク・シヤンと女優キョン・スジンが、KBS 2TVの斬新で感覚的なコンテンツに出演する。

KBSが、地上波で初となる斬新で破格的なコンテンツ、30秒の超ミニドラマ5部作「2TVスナック」を放送する。

「テレビは2TVが面白いです」という番組スローガンのもと、KBS 2TVは変化する放送トレンドに沿った、新鮮で感覚的な新種のコンテンツで、視聴者にもっと近づく予定だ。クァク・シヤン、キョン・スジンはもちろん、キム・ビョンセにいたるまで、豪華なキャスティングで放送される。

クァク・シヤンとキョン・スジンの所属事務所Starhausエンターテインメントは「短いが明確なメッセージ、自ずから笑顔になってしまう愉快な台本で、新しい試みを楽しもうという趣旨のもと、クァク・シヤンとキョン・スジンの積極的な参加によって出演することになった」として、「2人の役者両方にとって新しい挑戦だ。新しい試みを通じて少しの間だけでも幸せなメッセージで、笑いを提供することができれば嬉しい」と伝えた。

5部作チャンネルの、予告編のように短い、超ミニドラマ「2TVスナック」は、ある職場内で繰り広げられる“2TVオタク”たちに対する物語だ。優れた美貌と世界最高の名門大卒業というスペックまで兼ね備えて、全てのものが“越えることができない壁”であるJMグループのキョン課長(キョン・スジン)。職場内でワーカーホリック(仕事中毒) と呼ばれる彼女は、骨の髄まで2TVオタクという事実を隠したまま暮らしている。だが、同じ部署の新入社員(クァク・シヤン) が、偶然キョン課長の隠密な秘密を知るようになって、彼女の秘密を守りながら愛を育んでいく。ここに核心となる、どんでん返しのキーを握ったキム部長(キム・ビョンセ) が、劇に重量感と面白みを加える。「2TVスナック」は9日に撮影を終えた。

「2TVスナック」は、韓国で今月27日からCMのように数回放送される。